連載
» 2021年11月30日 07時07分 公開

ミッキーマウスの現在と未来を表現した展覧会が渋谷パルコで開催中タイムアウト東京のオススメ

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 2021年11月19日から、渋谷パルコのパルコミュージアムトーキョーで「Mickey Mouse Now and Future」展が開催されています。「ファンの集い」をテーマに、ミッキーマウスを愛する世界各地のアーティストが参加し、独自の視点で解釈したミッキーマウス作品を発表するというものです。ここでは、展示の見どころを紹介します。

ミッキーマウスを愛するアーティストが、独自の視点でミッキーマウス作品を発表(Photo: Keisuke Tanigawa)

 本展には、国内外合わせて10人のアーティストが参加しています。渋谷の現代アートギャラリーのナンズカがキュレーションを担当し、世界で人気のミッキーマウスの現在を現在と未来を表したアートコラボレーションプロジェクトによる企画展です。

 入り口のすぐ左側には、グラフィックデザイナー田名網敬一が描いた色鮮やかな作品が現れます。田名は、戦後の幼少期に映画館でウォルト・ディズニーの「蒸気船ウィリー」を見て、アニメーションという静止画ではない漫画に衝撃を受けたそうです。思い出深いミッキーマウスと自身の作風である幻覚のイメージや奇形キャラクターと組み合わせた作品は、独自の世界観やタッチが特徴的で、ずっと眺めていたくなるような迫力があります。

 ユーン・ヒュップ(Yoon Hyup)は自身が得意とする抽象的表現を生かし、ミッキーマウスが絵を描いたりスケートボードをしたりする姿を単調化した線と点で表現しています。かわいいデザインのミッキーマウスが気に入った人は、作品をそのままグッズにした丸い形のポストカードがグッズコーナーにあるので、ぜひ手に入れてみてください。

 ひときわ目を引くロボット姿のミッキーマウスは、空山基が制作しました。渋谷パルコのスペイン坂の広場には大型立体作品が展示されています。通りがかりの人も思わず足を止めてしまうほど、インパクトのある作品です。また、ハビア・カジェハ(Javier Calleja)の大型立体作品も、渋谷パルコ1階にパブリックアートとして登場しています。

 本展は、12月19日(日)までの開催です。営業時間は11時00分〜20時00分(入場は閉場の30分前まで、最終日は18時に閉場)で、入場料は1000円(小学生以下は無料)となります。

 その他、「ミッキーマウスの現在と未来を表現した展覧会が渋谷パルコで開催中」では、展覧会の魅力をさらに詳しく紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆