気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀

「気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀」の連載記事一覧です。

気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:

才能を自覚することで巻き込む力が生まれ、自分にできないことを認めると素直に周りに頼れるようにもなる。結果として、大きな仕事を成し遂げられる。

【聞き手:中土井僚(オーセンティックワークス)、文:伊達直太 , ITmedia】()
気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:

横河電機の社内ベンチャー制度から生まれたキューアンドエーは、お客さまの事前期待を超えて感動を分かち合うことを目指している。

【聞き手:中土井僚(オーセンティックワークス)、文:伊達直太 , ITmedia】()
気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:

優れたチームは、主人公だけがすごくて万能の1人が他を率いているわけではない。それぞれが能力を発揮し、コラボレーションすることでさらに大きな力が生まれる。

【聞き手:中土井僚(オーセンティックワークス)、文:伊達直太 , ITmedia】()
気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:

結婚や出産を機に仕事を辞めざるを得ない優秀な女性が再び働ける社会を作りたい。サービスを利用する女性たち、受け入れる企業、それぞれに新たな価値を提供し社会に貢献。

【聞き手:中土井僚(オーセンティックワークス)、文:牧田真富果 , ITmedia】()
気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:

入社したらまず10年後はどうなっていたいのか、人生の目標を設定する。具体的な目標が決まれば実現に向かって行動できる。会社は活躍の舞台を用意して社員を応援する。

【聞き手:中土井僚(オーセンティックワークス)、文:牧田真富果 , ITmedia】()
気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:

自社農場をつくったのはメーカーや問屋を通して仕入れるよりも、安いという発想だった。自社農場が地域活性化につながり、社会に貢献している意識が社員を奮い立たせ生産性向上につながった。お金のためではなかった。

【聞き手:中土井僚(オーセンティックワークス)、文:牧田真富果 , ITmedia】()
気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:

経営の経験・知識は全くなかった。いつ潰れてもおかしくない会社をたった3年で黒字回復させた復活劇の裏には。

【聞き手:中土井僚(オーセンティックワークス)、文:牧田真富果 , ITmedia】()
気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:

人材を育成のために国際規格ISOの取得にチャレンジ。取得に賛同できない多くの社員が会社を去ったが、会社の変革はここから始まった。

【聞き手:中土井僚(オーセンティックワークス)、文:牧田真富果 , ITmedia】()
気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:

経営者の仕事は大きな枠、方針を作り社員のみんなの方向づけができるような明確な指針を現場に提示すること。基本的な原理原則に則っていれば、あとは社員たちがいいと思うことをやればいい。

【聞き手:中土井僚(オーセンティックワークス)、文:牧田真富果 , ITmedia】()
気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:

仕事がうまくいず怒られたとしても、個人の人間性に対してではなく与えられた役割に対して怒られたととらえれば、全力で役割を演じることを楽しみ、誠実に仕事に取り組める。

【聞き手:中土井僚(オーセンティックワークス)、文:牧田真富果 , ITmedia】()
気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:

「お客さまに喜んでいただく」ことを目指し、おもてなしで選ばれるゴルフ場を実現した組織の在り方とは。そして接客に対する独自の美学に迫る。

【聞き手:中土井僚(オーセンティックワークス)、文:牧田真富果 , ITmedia】()
気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:

社員が協力し合い、ユニークな商品を生み出し続けるには環境作りが重要。斬新なアイデア商品は、部署の垣根を越えた知恵の出し合いから。

【聞き手:中土井僚(オーセンティックワークス)、文:牧田真富果 , ITmedia】()
気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:

目標を見失うことさえなければ、どんなに大きな困難も乗り越えられる。そして、それぞれの価値観を認めること。前線で働く人も、後方でバックアップする人も必要だ。

【聞き手:中土井僚(オーセンティックワークス)、文:牧田真富果 , ITmedia】()
気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:

人生はジャッジの連続。物事をジャッジするときに、自分目線ではなくて相手目線になって考えられるようになると、人生は豊かになる。

【聞き手:中土井僚(オーセンティックワークス)、文:牧田真富果 , ITmedia】()
気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:

会社は社会の公器。全国にチェーン展開をして規模を拡大することで、社会に貢献できる。大きくするために必要な組織のありかた、そして人材とは。

【聞き手:中土井僚(オーセンティックワークス)、文:牧田真富果 , ITmedia】()
気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:

すべてをルール化して縛ってはいけない。ガチガチなルールにはめて金太郎飴状態では、新しいものを生みだすことはできない。

【聞き手:中土井僚(オーセンティックワークス)、文:牧田真富果 , ITmedia】()
気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:

いかに、楽に勝つかを考えること。失敗しない条件がそろえばあとは頑張るだけ。負けない市場を見極めて頑張りを積み上げる。

【聞き手:中土井僚(オーセンティックワークス)、文:牧田真富果 , ITmedia】()
気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:

どんなにすごい経営者やマネジャーでも、やっていることは普通の人とあまり変わらない。当たり前のことを徹底できているかどうかが重要だ。上司がやるべき「6つの当たり前」とは。

【聞き手:中土井僚(オーセンティックワークス)、文:牧田真富果 , ITmedia】()
気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:

変わり続けるカヤックでは、フリーランス感覚での働き方が求められる。生き残るために自分の強みを生かす、求められるものに合わせて自分を変える。強く柔軟な組織は、自己責任で形成される。

【聞き手:中土井僚(オーセンティックワークス)、文:小川晶子 , ITmedia】()
気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:

自分に作れない面白いものを見たときクリエーター魂に火が付く。オリジナリティがあり、新たなものを作り出せる人が多ければ「クリエーター生態系」は加速する。それをいかに仕組みにするか。

【聞き手:中土井僚(オーセンティックワークス)、文:小川晶子 , ITmedia】()
気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:

ニッチな分野でオンリーワンのサービスを作ることが得意な面白法人カヤックは、競合と競うのではなく、新しい領域を切り開きオリジナリティを追求している。次々とユニークなサービスを生みだす組織は、どのように形成されているのか。

【聞き手:中土井僚(オーセンティックワークス)、文:小川晶子 , ITmedia】()
気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:

セプテーニ・ホールディングスは、ネットマーケティング事業を中心に、メディアコンテンツ事業、その他さまざまな事業を手がけている。今回は、社員約800人を有する同グループの社長・佐藤光紀氏に自身の組織マネジメント論について聞いた。

【聞き手:中土井僚(オーセンティックワークス)、文:小川晶子 , ITmedia】()

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆