ニュース
» 2008年08月21日 16時09分 UPDATE

「コア人材の争奪」がグローバル全体の企業課題に――ボストン コンサルティング調査

ボストン コンサルティング グループが全世界の経営幹部に対して実施した人材マネジメント調査によると、企業のコアとなる人材確保が大きな課題であることが明らかになった。また、日本と海外での意識の違いも見られた。

[ITmedia]

 経営コンサルティング大手のボストン コンサルティング グループはこのたび、世界83カ国の企業の人事担当役員など経営幹部5000人を対象に2007年10〜11月に実施した、「2015年に向けた人材マネジメントの課題」に関する調査の結果を発表した(有効回答数4741件)。

 調査によると、グローバル全体で今後企業における最重要課題は「コア人材争奪戦」、次いで「リーダシップ育成」が挙がっており(図1)、企業の中核を担う人材の確保が引き続き急務となることが明らかになった。

<図1>グローバルの企業全体の2015年に向けた人材マネジメントの課題認識 <図1>グローバルの企業全体の2015年に向けた人材マネジメントの課題認識

 日本企業の特徴としては、海外企業と比較して「グローバル経営体制の構築」や「多様性のマネジメント」に対する課題認識が極めて高い一方で、「ワークライフバランス」や「戦略的人事部門構築」に対する重要度が相対的に低いことが分かった。また、「組織文化の変革」や「組織のリストラ」などにおいては、自社の組織能力を高く評価する傾向がみられた(図2)

<図2>日本企業の2015年に向けた人材マネジメントの課題認識 <図2>日本企業の2015年に向けた人材マネジメントの課題認識

 そのほか「企業の社会的責任(CSR)」について、欧米では既に一般的になっているため重要度が低いのに対し、日本企業では重視されていることなどが分かった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選で1名さまに「Apple Watch Series 2」(アルミニウムケースとスポーツバンドまたはウーブンナイロンバンドから選択可)をプレゼント。この機会にぜひご入会ください!!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

ピックアップコンテンツ

- PR -
世界基準と日本品質を極める Clients First with Innovation & Japan Quality

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆