いま日本企業が乗り越えるべき真の経営課題
ニュース
» 2011年04月15日 12時00分 公開

知識創造を提唱――知識は、天然資源のように誰かに発見されるものではなく、人が関係性の中で創るもの (2/2)

[山下竜大,ITmedia]
前のページへ 1|2       

世界は“モノ”ではなく、“コト”からなる

 野中氏は、「世界は“モノ”ではなく、“コト”からなることを考える方が、より大きな関係性が見えてくる。イノベーションとは、すぐれた価値を生み出すことであり、すぐれたモノを生み出すことではない。iPodという“モノ”を開発したことが価値ではなく、いつでもどこでも簡単に音楽を聴ける“コト”という価値を提供したことが重要だ」と話す。

 ビジネスモデル・イノベーションには、現場における直感や創造、洞察、そして試行錯誤が必要であり、顧客や競合、サプライヤーなどに対する良質の情報とインテリジェンスが要請される。こうしたイノベーションは、単なる論理分析からは生まれてこない。

 「究極的には、ただ1人が持っている知識に頼るのではなく、組織全体としてイノベーションに関わる洞察力を発揮できる仕組みを組み込むことが重要。企業としてのビジョン、生き方が問われることになる。また、場づくりも重要なポイントのひとつ。“場”を基盤とする動的メカニズムが重要となる」(野中氏)

 “場”はプラットフォームよりダイナミックなプラットフォーミングと定義されている。野中氏は、「知は思いがなければ創造できない。1人ひとりの主観をみんなの主観に変える相互主観性が重要。例えば、右手が左手に触れているとき、左手も右手に触れているという身体性の相互浸透性が成立する。こうした事象が場につながる」と言う。

 現在、場を実現する手法のひとつとして注目されているのがアジャイル・スクラムだ。アジャイル・スクラムは、ソフトウェア開発手法のひとつで、開発進行中にチームメンバーの共同化、表出化、内面化と技術的な知識の連結化を促進し、専門知識を実践共同体としてのコミュニティの資産へと変換する。

 開発の見える化を提唱する企業であるチェンジビジョンでは、「毎朝のスクラム・ミーティング」、2人の開発者が交互にプログラミングを行う「ペア・プログラミング」、作業を見える化する「タスクかんばん」、うまくいった、いかなかった、次に挑戦の「KPT(Keep、Problem、Try)フィードバック」などで、スクラム開発を実践している。

 このような知を創発させる場の要件として野中氏は、次の6つを挙げた。

 ・自己超越的な意思・目的をもつ自己組織(セルフ・オーガナイジング)

 ・自他の感性、感覚、感情が直接的に共有される(間身体性)

 ・場で生成する“コト”の傍観者でなく当事者として全人的に関わる(コミットメント)

 ・多様性のバランスをとれる人事(適材適所)

 ・境界は開閉自在で中心は動く(細胞の浸透可能性)

 ・異質な知の矛盾と効率よいインタフェースの両立(球体の最小有効多様性)

 野中氏は、「こうした要件を実現できないと、いかにすぐれたビジネスモデルを創っても実践が伴わない」と話す。また、実践的リーダーシップにおける6つの能力として野中氏は、(1)良い目的をつくる能力、(2)場をタイムリーにつくる能力、(3)ありのままの現実を直感する能力、(4)直感の本質を概念化する能力、(5)概念を実現する政治力、(6)実践知を組織化する能力を挙げた。

 「ビジネスモデルをダイナミックに実践し、組織を引っ張っていく実践知リーダーシップには、大きな志とコミットメントが不可欠。そして暗黙知と形式知、対話と実践をスパイラルに回しながら、タイムリーに場をつくり、場の重層的なネットワークを築いて行くことが重要になる」(野中氏)。

 野中氏は、「実践知経営の本質は、存在論と認識論を総合することにある。存在論では“どう在るか”の意味を問い、認識論では“どう知るか”の真理を問う。その本質は、利益追求マシンとしての経営を越え、経営をよい“生き方”のプロセスとして日々錬磨する企業観である」と語り講演を終えた。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆