連載
» 2017年04月06日 07時06分 公開

自分を変える 超時間術ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術(2/2 ページ)

[中谷彰宏,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 もう1つは、応募者は、募集期間の前のほうは少なく、後のほうが多いのです。面接する側は、早く届いた履歴書は時間をかけて見ます。後のほうになると、時間をかけて見ません。当然、時間をかけて見たほうは「この人は何かいいところがありそうだ」と気付きやすくなります。後のほうは応募者が多いので、時間をかけて一人一人の履歴書を見ることができません。

 一生懸命見たら何かいいところが見つかる可能性があったのに、時間がないために、いいところに気が付かれないで落ちてしまうのです。応募期間が設けられているものは、1番に応募する人が、次のチャンスをつかんでいけるのです。

年1回の仕事は、1か月以内に反省しないと、あっという間に1か月前になる

 1年間の仕事は、「4月にはこれをして、12月にはこれをして」と、シーズンで決まっているものです。年1回の仕事は、「今年はこうだったから、来年はこうしよう」と思っているうちに、直前になります。

 私も、年1回のイベントを引き受けている仕事があります。イベントが終わった後、スタッフに「今年の反省をすぐしよう」と言います。何度言っても、次に連絡が来るのは1年後のイベント直前です。結果として、いろいろ変えたいことがあっても、「今からでは時間的にムリです」と言われます。

 イベント直後に反省をしない理由は簡単です。「まだ1年ある」と思っているからです。実は1年ないのです。

 年1回のイベントは、終わって1カ月以内に反省をしなければ、すぐに翌年の1カ月前になるのです。イベント後1カ月以内に反省をしていれば、残り11カ月をかけて準備ができます。

 翌年の1カ月前まで放っておいたら、「そもそも何か反省すべきことはあったかな」と思い出すところから始まります。そのころには、ほとんどのことは忘れています。その結果、毎年、イベントが進歩することはありません。

 年1回のイベントは、毎年進化していくから、より盛り上がるのです。そのためには、即、今年の失敗の反省会をして、改善点を洗い出し、来年に向けての準備を始める必要があります。

 岸和田のだんじり祭は、閉幕の翌日から、来年の準備を始めます。それでも、あっという間に1年がたつのです。現役で落ちた浪人生も、「来年の試験まで1年ある」と思いがちです。受験も、翌年の試験まで実質1年ありません。ボヤボヤしていたら、すぐに1カ月前です。

 変われない人は、いつも「1カ月前だ。ああ、もう間に合わない」という状況になるのです。

 同じ時間をどう使うかで、差がつくのです。

著者プロフィール:中谷彰宏・作家

1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。博報堂勤務を経て、独立。91年、株式会社中谷彰宏事務所を設立。

【中谷塾】を主宰。全国で、セミナー、ワークショップ活動を行う。【中谷塾】の講師は、中谷彰宏本人。参加者に直接、語りかけ質問し、気づきを促す、全員参加の体験型講義。

著作は、『自分を変える 超時間術』(リベラル社)など、1,000冊を超す。 


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆