連載
» 2020年04月01日 07時01分 公開

タイムアウト東京のオススメ:村上春樹を聞く

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 大の音楽好きとしての顔も持つ作家、村上春樹。特にジャズやクラシックへの愛情は深く、作家としての人生を歩む前は、東京でピーターキャットという名のジャズバーを経営していたほどです。

Photo: Mark S/Unsplash

 彼の生み出した作品にもその影響は感じられ、小説『ねじまき鳥クロニクル』の冒頭で紹介されているロッシーニの『泥棒カササギ』や、ジャズミュージシャン、スタン・ゲッツのボサノバの曲からタイトルをとった短編小説集『1963/1982年のイパネマ娘』など、音楽が作品と深く結び付いていることは広く知られています。

 そんな村上の音楽観を堪能できるのが、Spotifyにアップされているプレイリスト、「村上春樹のレコードコレクション」です。

 プレイリストにはデビュー作である『風の歌を聴け』から最新作『騎士団長殺し』まで、村上の小説の中に登場した全ての曲が収められています。プレイリストを作成したのはSpotifyユーザーのフジキ・マサマロ。村上が過去に公開していたウェブサイト『村上さんのところ』で紹介されていた曲などもフューチャーされています。

 バッハなどのクラシックをジャズ化したミュージシャン、オイゲン・キケロ、モダンジャズを代表するジョン・コルトレーン、チェコの作曲家レオシュ・ヤナーチェクなど、全3442曲が集められており、合計時間は238時間にも及びます。「村上ワールドをとことん堪能したい」という人だけでなく休日のBGMとしてもおすすめです。

 その他「村上春樹の小説に登場する3442曲がSpotifyに」では、さらに詳しい情報を紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆