連載
» 2020年02月18日 07時19分 公開

タイムアウト東京のオススメ:猫とヨガ、モコモコの猫が飲める店

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 東京には猫好きを満足させるユニークなスポットがあります。特に、日暮里駅から南に延びる古き良き風情のある谷中は「猫の街」と呼ばれ、たくさんの人懐っこい野良猫が街中を歩き、カフェやギフトショップ、そしてギャラリーまで、猫をモチーフにした店が多く軒を並べています。ここでは、谷中でおすすめの猫関連スポットと、その他にある猫好き必見の場所を紹介します。

福にゃんの形をした縁起物のスイーツ

 招き屋は、2012年12月12日12時12分12秒に、谷中銀座の中ほどにオープンした「福にゃん焼き」の店です。漫画『釣りバカ日誌』の原画作者である北見けんいちが手掛けたマスコットキャラクター福にゃんの形をした、たい焼きならぬ「福にゃん焼き」を販売しています。ラインアップは、つぶあんがたっぷり入った「十勝あん」(150円)や、きなこを練りこんだ生地で豆腐白玉入りのあんこを包んだ「さっくりきなこ」(200円)などの5種類。もっちりとした生地は、熱々はもちろん、冷めてもなかなかのおいしさです。縁起物のスイーツは、ちょっとした手土産としても便利なもの。谷中の新たなテイクアウトスイーツとしてチェックしておきましょう。

自分だけの招き猫を作成

 カフェ猫衛門は、谷中にある築90年以上の木造家屋を改装したカフェです。猫の形のデザートとお茶を楽しみながら、自分だけの招き猫を作成できます(小1650円、大2200円)。カフェメニューには「白猫のレアチーズケーキ」や「黒猫のモンブラン」(各495円)など、猫をモチーフにしたキュートなスウィーツがそろいます。あんみつやあんこ入りアイスクリームなどの和菓子には、猫の顔の形のウエハースと緑茶が付いてきます。

魔法の猫王国の城

 てまりのおしろは、吉祥寺の中道通りにある猫カフェです。魔法の猫王国の城としてデザインされた外観は、まるでおとぎ話の本からそのまま現れたようで、並々ならぬ存在感を放っています。この城でわれわれを待っているのは、選び抜かれた20匹の猫たち。抱っこすることは禁止されていますが、膝の上に乗ってきた際には、優しく接してあげましょう。絶好のシャッターチャンスは、食事タイム。人間用のメニューは、猫形のクッキーが飾られたパフェなどが用意されています。10歳未満は入場不可なので、足を運ぶ際は注意しましょう。

 その他「猫好きのための東京ガイド」では、猫好きにはたまらない猫スポットを紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

| カフェ | おやつ/お菓子 | 縁起 | 猫カフェ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆