連載
» 2019年10月08日 07時00分 公開

タイムアウト東京のオススメ:未来の温浴施設に期待する

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 来年に迫る「東京オリンピック・パラリンピック」。その影響やオリンピック後のインバウンド需要を見込んで、東京とその近郊ではさまざまな温浴施設の建設が行われています。

 今後オープンする温浴施設は、宿泊施設や大型の複合施設に併設される型で作られる傾向があり、日本へ訪れる外国人客の目的の一つとして「温泉」を挙げる人が半数近くいることも要因となっているようです。ここでは、下北沢や御殿場、成田空港などに、2019〜2023年の間にオープンする注目の温浴施設を紹介します。

源泉掛け流しの露天風呂からは、飛び立つ飛行機が眺めらることが魅力

 2019年12月15日にオープンする、成田空港温泉 空の湯。場所は成田空港第2旅客ターミナルから、無料シャトルバスで5分ほど。なんと言っても源泉掛け流しの露天風呂からは、飛び立つ飛行機が眺めらることが魅力です。その他、岩盤浴や家族風呂(座敷とテレビ、源泉掛け流し温泉が備わる)、カプセルホテル、カラオケ、レストランなどが併設される予定です。早朝のフライト待ちや、海外から帰国した際に癒やしの場所として利用したい場所です。

富士山を一望できる露天風呂

 そして、御殿場プレミアムアウトレットの増設エリア内に、2019年12月15日にオープンするのは、木の花の湯。富士山を一望できる露天風呂と自家源泉が最大の特徴です。併設されたレストランのダイニング花衣では、御殿場地方に古くから伝わる「みくりやそば」を中心に、日本料理などが味わえます。 ショッピングで疲れた足を休めるのに最適な施設となるでしょう。

箱根から運ぶ温泉露天風呂

 小田急電鉄による鉄道跡地の開発計画である「下北線路街」。2020年度までに商業施設や宿泊施設、イベントスペースなど、同エリアならではの魅力を生かした13の施設がオープンします。 2020年9月には温泉旅館もオープン予定で、箱根から運ぶ温泉露天風呂のある大浴場のほか、レストランやバー、ボディケアサービスなど、下北でくつろぎの時間を過ごせるでしょう。

 その他「東京近郊にオープンする注目の温浴施設5選」では、さらに豊洲や向ケ丘遊園などにオープンする温浴施設を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆