連載
» 2019年07月30日 07時16分 公開

タイムアウト東京のオススメ:夜の大塚は卓球バーで〆る

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 卓球を楽しみながら、アルコールやしゃれたフードを楽しむ。2019年7月26日にオープンしたピン・ポン・バ(ping-pong ba) は、渋谷発の複合型卓球施設のティーフォー トウキョウ(T4 TOKYO)が新たに手掛ける施設です。場所は、ターミナル駅池袋の隣にありながら下町の風情を色濃く残す街としてこのところ注目が高まっている、大塚にあります。

アルコールやしゃれたフードが楽しめる

 大塚では、昨年同ホテルや古民家10棟をリノベーションし、飲み屋街にした大塚のれん街が相次いで開業。老舗の和菓子屋や個性的な居酒屋、人気のおにぎり店なども健在。ナイトシーンを中心に盛り上がりを見せています。

ここ数年、世界的な盛り上がりをみせている卓球

 そんな注目の街と、やはりここ数年、世界的な盛り上がりをみせている卓球とがカップリングしたピン・ポン・バは、豊島区大塚に本社を置く山口不動産が、「大塚を地元の方々が誇らしく思える場所にしたい、建物一つ一つがつながりの場になれば」という思いからスタートした、建築ブランド「ba」シリーズのひとつでもあります。「ba」には「場」、そして「being&association」の意味が込められており、ピン・ポン・バでは、「卓球を通して大塚の街と人をつなぐ」ことを目指しています。

卓球台とDJブースを設置

 オープン前日には、メディア向けのオープニングイベントを実施。ゲストとして、豊島区長の高野之夫、デザイナーのコシノジュンコ、MCとして、アナウンサーの福澤朗、選手ゲストに丹羽孝希と木原美悠が参加。さらに、スペシャルゲストとして小池百合子も出席し、丹羽、木原とエキシビションマッチを行いました。

オープニングイベント

 店内には、「ガストロパブ×卓球」をテーマに、5台の卓球台とDJブースを設置。思わずリズムを取りたくなるような音楽がかかる中、卓球に興じることができます。一人で足を運んでも、「一緒に卓球やりませんか」と気軽に声をかけることができる雰囲気です。

 店内をよりモダンに演出しているカラフルなウォールアートは、アーティストKeeenue(キーニュ)によるもの。卓球を通して、今と昔がつながってほしいという思いを込め、2面の壁には、それぞれ「昔」と「今」の大塚をイメージしながら描いたそうです。

 今後は、スポーツを通じた健康増進のきっかけになるような、地域企業や住民との卓球大会なども予定しています。

 その他詳しい情報は「卓球を通して大塚の街と人をつなぐコミュニティースペース、“ピン・ポン・バ”がオープン」(https://bit.ly/2ykfnLl)にてご確認ください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中

ご入会いただいた方の中から抽選でお2人に、ソニーモバイルコミュニケーションズのワイヤレスオープンイヤーステレオヘッドセット「Xperia Ear Duo(XEA20)」もしくはBoCoのワイヤレス骨伝導イヤホンヘッドセットタイプ「FIT BT-1」のいずれかをプレゼント。この機会にぜひご入会ください!
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆