連載
» 2019年06月26日 07時33分 公開

タイムアウト東京のオススメ:ヒノキ風呂でくつろぐ

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 訪日外国人の増加や2020年に向け、ここ2、3年で、ミニマルな設備、サービスでありながら、機能性やデザイン性にこだわった、しゃれたホテルが増えています。2019年6月21日(金)には、浅草橋に、カフェアンドミニマルホテル アゥア(CAFE / MINIMAL HOTEL OUR OUR)(以下、アゥア)がオープンしました。

機能性やデザイン性にこだわった

 コンセプトは「AMBIVARENT(相反する感情や価値が同時に存在すること)」。宿泊料金は1人4000円からで、仮眠プラン(2時間1000円〜)やランナー向けのプラン(1000円、タオル付き)も用意しています。

 同ホテルを手掛けるのは、老舗かばん専門商社の林五。「オリンピックイヤーであり、創業130年の節目である2020年に向け、これまでかばんを通して旅行業界に携わってきた同社として新たな立場で旅に関わり、旅のプラットフォームを構築したい」とホテル業界への参入を決意したそう。浅草橋を選んだのは、江戸の情緒が残る浅草とデジタルシティーである秋葉原の中間地点であることから。さらに問屋街ということもあり静かな浅草橋エリアはのんびり滞在したい人にはぴったりの場所です。

大きな男女別のヒノキ風呂

 特徴的なのは、シャワールームと大きな男女別のヒノキ風呂を完備した「檜SPA」。「オープン前には、ホテルやホステルを泊まり歩き、研究を重ねました。こういった宿泊施設は、大抵シャワーオンリーですが、外国の方にも日本の文化であるヒノキ風呂を体験してもらいたかったんです」と担当の宮林。

 そして、「こういったホテルにありがちな閉塞感を排除したかった」と、1階から4階までのフロアを吹き抜けでつながっています。これは、1階のカフェの芳しいコーヒーや焼き立てのパンの匂い、そこに集う人たちのざわめきでゲストに朝を迎えてほしいという思いも込められているそうです。

多彩なメニューを提供

 1階のカフェ バー アゥアも個性的です。有名和食店での修業経験を持つシェフを迎え、朝食からランチ、ディナー、バーまで、多彩なメニューを提供しています。「近隣の人にも足を運んでほしい」と、食パン専門店「浅草 ?─AO─」も併設されています。夜は一転して、「モダン小料理屋」がテーマ。和食をベースにしながら、遊び心やサプライズ感のある料理が楽しめます。

 その他の詳しい情報は「1泊4000円朝食付きでヒノキ風呂も? ミニマルホテル「アゥア」がオープン」で紹介しています。隅田川の散歩や走った後に立ち寄ってみてはいかがでしょう。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

ホテル | ヒノキ | 風呂 | カフェ | 朝食 | デザイン | 和風 | 旅行


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆