ニュース
» 2019年04月16日 07時05分 公開

タイムアウト東京のオススメ:旅気分は車内で味わう

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 東京には、コンセプトが強烈なバー奇妙なレストランなど、店主のこだわりと個性あふれるさまざまな店があります。ここでは、「列車」をテーマとする店を紹介。北斗星の車両を改造したレストランや、オリエント急行でシェフを務めていた店主の料理が楽しめる名店、まるで電車の中にいるような内装のバーなどです。ゴールデンウイークに旅気分を味わいたいのなら、列車レストランで過ごしてみてはいかがでしょう。

「超特急」が激辛で「鈍行」が甘口

 東海道新幹線が開業したのは今から46年前の1964年。それより1年前に開店した歴史あるカレーショップのナイアガラです。50年近い歴史はだてではなく、壁には列車の行き先案内板や駅名表示板が至るところに貼られています。店の入り口にある自動券売機で食券を買うシステムで、「超特急」が激辛で「鈍行」が甘口。旧型客車の座席を流用したテーブル席に座れば、模型の鉄道が注文の品を届けてくれます。

北斗星の食堂車を改装

 東川口駅より徒歩8分ほどの場所にある、列車レストランのグランシャリオ。運行廃止となった寝台特急、北斗星の食堂車を改装しており、敷地内にはイタリアン料理店、そば屋、ベーカリーカフェが隣接しています。営業当初は完全予約制で乗車券も必要でしたが、2018年10月より予約不要乗車券不要で利用できるようになりました。グランシャリオは11〜17時の営業で、カレーやシチュー、特製ハンバーグなどの洋食を味わえ、夜は敷地内のイタリアンレストラン、リストランテ谷澤が列車で完全予約制のディナーコースを提供しています。

電車の車両を再現

 人形町にあるキハは、東京の鉄道ファンが仕事終わりに訪れる場所です。バーの2階は電車の車両を再現しており、網棚や吊革、吊り広告、駅名板、路線図は全て本物。店内がリアルすぎて、少し酔っていると、車両が動き出すのではないかと錯覚しそうになってしまいます。キハでは、塩漬けの魚や、塩味の豚肉にコーンなど、さまざまな缶詰を提供。オリジナルのワンカップ酒や巨大なジョッキのビールを飲みながら、壁に飾られた鉄道関連の記念品を堪能するのもいいでしょう。もし本当の鉄道マニアになりたいのなら、駅長の制服を着てみてください。

 東京、走らない列車レストラン5選では、その他にもユニークな「電車」をコンセプトにしているレストランを紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

電車 | マニア | カレー | 鉄道 | 再現


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆