連載
» 2019年02月19日 14時22分 公開

タイムアウト東京のオススメ:酒場でモーニングも楽しむ

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 古くから、日雇い労働者の集まる簡易宿泊所(ドヤ宿)街として知られている山谷。漫画『あしたのジョー』で、主人公の矢吹丈が所属していたボクシングジムも、山谷の中心地である泪橋下にあったという設定です。今、若い世代が集まってきているという山谷に、2018年9月、新たな酒場「山谷酒場」がオープンしました。

山野の新たな酒場

 アルコール類は、甲類焼酎に10種のスパイスを漬け込んだ「山谷酒」のほか、「和山椒酒」「花山椒酒」「カルダモン酒」「珈琲酒」「梅酒」など自家製酒を用意(全て500円)。思わず「端から全部くださーい」と、叫びたくなってしまいます。また、ビールは「サッポロ黒ラベル」(大瓶750円)のほか、海外のビールも豊富にそろえています。

さまざまな自家製酒

 フードは、「冷奴」「ハムカツ」「焼きそば」など居酒屋の定番から、「フィッシュアンドチップス」「キャロットケーキ」「納豆チーズトースト」など、「え、こんなメニューもあるの?」といったものまでバラエティ豊か。「特大プリンアラモード」(1週間前に要予約)という、パーティーメニューもあります。魅力的なフードとアルコールメニューに、店のドアを開けた瞬間、酒好きの心がときめくことは間違いありません。

バラエティ豊かなメニュー

 もともとは、西調布で楓という名前の喫茶店を営んでいたオーナーの酒井秀之。趣味の街歩きで下町の大衆酒場を巡っているうちに「日本近代化の象徴とも言うべき山谷に誰もが安心して飲みに来ることができる大衆酒場を作りたい」と考えるようになり、同店のオープンに至ったそうです。そのため、朝8時から10時までは、モーニング喫茶楓の名のもと、朝食の提供も行っています。

 「山谷は変化しています。かつてにぎわった商店街は、今やシャッター街となっていますが、若い人たちも移り住んで来ていますし、ギャラリーもできている。今後、近くに映画喫茶(泪橋ホール)もオープンします」と話すのは酒井。体も喜びそうな『山谷酒』のソーダ割を味わいながら、現在進行形で山谷の街が再生していく姿を見守るのも楽しそうですね。

 その他の詳しい情報は「かつてのドヤ街にオープンした大衆居酒屋、山谷酒場の魅力」で紹介しています。こちらでは、一押しメニューも詳しく紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

パーティー | 居酒屋 | 大人 | 朝食 | 下町 | 焼酎 | 商店街


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆