連載
» 2019年04月09日 07時01分 公開

タイムアウト東京のオススメ:ミニマルに生きる

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 2019年4月4日、無印良品の世界旗艦店が銀座にオープンしました。同ブランドのミニマリスト精神が凝縮された、世界最大の施設では、6フロアの中にショップとホテル、レストラン、ライブラリー、ギャラリー、サロンがあります。

ミニマリスト精神が凝縮

 MUJI HOTEL GINZAは6〜10階に入り、タイプの異なる9種類の客室を全79室用意しています。自分の家を全て無印良品のアイテムで飾りたいと願っていた人にとっては、まさに夢のような空間。ツインベッドの「TYPE I」の部屋には、畳の部屋や木製のバスタブが取り入れられ、和の雰囲気が味わえます。

タイプの異なる9種類の客室

 ホテルのロビーがある6階にはショップ、ラウンジ、プライベートライブラリー、和食レストランがあり、ATELIER MUJIには2つのギャラリースペースも設けられています。レストランでは、日本各地の都道府県から集められた食材を用い、定期的に新しいメニューを提供するそうです。サロンも併設されていて、長い木製のカウンターで、宿泊客や一般客がカクテルやドリンク、軽食を楽しめるようになっていました。

 インテリア全体にアップサイクル素材を使用している点も注目すべきです。脱プラスチックの取り組みも行い、紙製の買い物袋と再利用可能なトートバックのみを使用しています。また、購入した買い物袋を返却すれば袋の代金が返金されるサービスも実施しています。

脱プラスチックの取り組み

 「無印が生鮮食品!」と驚かれる方もいるかもしれません。1階には、店内で焼き上げられた焼きたてパンを販売するベーカリーやジューススタンドに加え、生鮮食品コーナーなどがあります。現地直送の新鮮な野菜のほか、パッタイやカレー、ビビンバなどの各国料理が楽しめる弁当も販売しています。

現地直送の新鮮な野菜

 その他の詳しい情報は「無印良品 銀座がオープン 6フロアにホテルやサロン、生鮮食品コーナーも」で紹介しています。今週は、無印良品の世界最大の施設に足を運んでみてはいかがでしょう。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

無印良品 | ホテル | 飲食店 | 銀座 | 野菜


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆