連載
» 2019年05月21日 07時23分 公開

タイムアウト東京のオススメ:ベストバーでほろ酔う

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 東京のバーは世界で最も活気にあふれ、素晴らしいバーテンダーが多く存在することでも知られています。

「2019年 アジアのベストバー50」に日本からは6軒のバーがランクイン

 このほど、イギリスのウィリアム リード メディア グループが主催する「世界のベストバー50」のアジア編が発表されました。「2019年 アジアのベストバー50」のリストに6軒のバーが取り上げられ、東京のバーの評判は、さらに強固なものとなったといえるでしょう。

 ランキング常連のバー ハイ ファイブは、6位にランクイン。銀座にある同店は、かつてスタア バーで活躍していた、上野秀嗣(うえの・ひでつぐ)がオーナーを務める、都内指折りのバーです。メニューというほどのものはなく、客に好みを尋ね、それに合ったカクテルを提供しています。

ミステリアスな雰囲気

 17位にランクインしたのは、ミステリアスな雰囲気のバー ベンフィディック。ハーブやスパイスなど薬草を使用したカクテルを堪能できる名店です。

 これに続き、アブサンを専門に扱うバー・トレンチが23位に、フルーツカクテルに力を入れるバー・オーチャード・ギンザが28位、日本のテイストを取り入れたカクテルが楽しめるミクソロジー・サロンが49位にランクインしました。

洗練されたカクテルバー

 最大の栄誉を手にしたのは、2018年6月に代々木公園のすぐそばにオープンした、洗練されたカクテルバー、ザ エスジー クラブ)。ドリンクメニューもコンセプトも違う2フロアから成る同バーは、初登場で13位にランクイン。オーナー兼バーテンダーの後閑信吾(ごかん・しんご)は、個人に与えられる特別賞「アルトス・バーテンダーズバーテンダー(バーテンダー中のバーテンダー)」 の称号も獲得しました。

 後閑のバーはさらに2軒ランクインしており、7位のスピーク ロウ(Speak Low)と、16位のソーバー カンパニー(Sober Company)で、どちらも上海にあります。

 今週末は、東京の素晴らしいバーでおいしいカクテルに酔いしれてみてはいかがでしょう。詳しい情報は『「アジアのベストバー50」が発表、東京からは6店舗がランクイン』で紹介しています。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆