連載
» 2019年04月24日 07時05分 公開

タイムアウト東京のオススメ:恋のアドバイスは湯婆婆にもらう

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 スタジオジブリの約3年ぶりとなる東京展覧会「鈴木敏夫とジブリ展」が、2019年4月20日(土)〜5月12日(日)まで、神田明神内にある文化交流会館2階の神田明神ホールで開催されます。展示はスタジオジブリの敏腕プロデューサー、鈴木敏夫の「言葉」に注目したもの。広島の筆の里工房(2017年)や、名古屋の松坂屋美術館(2018年)、 金沢の金沢21世紀美術館(2018年)で開催された「スタジオジブリ 鈴木敏夫 言葉の魔法展」をもとに、今回は新作の展示もあり、よりバージョンアップした内容です。

スタジオジブリの敏腕プロデューサー、鈴木敏夫の「言葉」に注目

 注目は、新作の「湯婆婆と銭婆の恋愛・開運おみくじ」。これは、湯婆婆(ゆばーば)は恋愛について、銭婆(ぜにーば)は開運について、ありがたい言葉を授けてくれるというおみくじです。仕組みは、高さ3メートルの巨大な湯婆婆と銭婆それぞれの口の中に手を入れて札を引き、その番号が書かれた薬棚からおみくじを取り出すというものです。おみくじに書かれているのは、鈴木が書き下ろした言葉とそれにまつわる解説で、鈴木からのメッセージを来場者が持ち帰れるという意図も隠されています。

湯婆婆(ゆばーば)は恋愛について

 新作以外の部分では、鈴木のこれまでの歩みを感じられるような展示内容。少年期や徳間書店勤務時代の資料、そして、ジブリ作品での仕事などが細かく紹介されているので、彼がいかに「言葉」を愛して大切にしてきたか、そして「言葉」の力で人の心を動かしてきたかということを感じられます。

これまでの歩みを感じられるような展示内容

 チケットは現在発売中。会期も短いので、ジブリファンは逃さないように今から予定をスケジュール帳に埋めておきましょう。

 その他の詳しい情報は「約3年ぶりにジブリの東京展覧会が開催、巨大な湯婆婆おみくじも登場」で紹介しています。ジブリの世界をのぞいてみてはいかがでしょう。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

スタジオジブリ | 占い | 恋愛 | マニア


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆