連載
» 2019年06月11日 07時03分 公開

タイムアウト東京のオススメ:穴場の喫茶を見つける

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 新旧のビルが混在し、さまざまな国籍の人々が行き交う都心の歓楽街、新宿。この街のせわしなさから逃げるには、タイムスリップしたような気分になれる喫茶店に逃げ込むのもいいでしょう。ここでは、看板猫がいるレトロな喫茶や、ジャズ喫茶を語るには欠かせない歴史のある名店などを紹介いたします。

大人の癒やしの場

 1960年から1970年代初頭にかけて、新宿には多くのジャズ喫茶が誕生しました。その一つが、1961年に前身となる店を新宿にオープンし、2007年より営業を再スタートした歴史あるダグ(DUG)です。レンガが敷き詰められた小さな空間には、選び抜かれたジャズの関連品が並び、店が持つシリアスなジャズへの姿勢が、心地よい大人の癒やしの場を創り出しています。コーヒーとともに、「パウンドケーキ」や「手作りミートパイ」をつつきながらまどろみの時間を過ごすのもいいでしょう。

レトロな喫茶店

 1978年創業のレトロな喫茶店カフェ アルル。靖国通りの喧騒(けんそう)から一転、新宿でゆっくりとコーヒーを味わうことができる穴場です。店の中央には大きなコーヒーメーカーが置かれ、アルカリイオン水で入れる水出しコーヒーを一滴ずつ抽出しています。メニューは、「オムライス」や「ナポリタン」などの洋食を中心に提供。サービスで、デザートのバナナとスナック、コーヒーが付きます。昼は11時30分のオープンと同時に、リーズナブルでボリュームのあるランチを求める客が訪れています。

木の板に書かれた看板を見逃さない様に

 新宿東口近くに位置する喫茶店の凡。地下にあるため看板を見逃してしまいがちなので、木の板に書かれた看板を見逃さない様に。自家焙煎コーヒーは1000円以上します。しかし、人気店で、カップは膨大なコレクションから選ばれたボーンチャイナを使用しています。数量限定で作っている、生クリームがたっぷりの幻のショートケーキは甘さ控えめで美味なので、ぜひ味わってほしいです。

 その他の詳しい情報は「新宿、レトロな喫茶店7選」で紹介しています。新宿の穴場で一休憩してはいかがでしょう。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

新宿 | コーヒー | レトロ | ケーキ | | 癒し | 歴史


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆