連載
» 2019年06月18日 07時12分 公開

タイムアウト東京のオススメ:夏はそうめんで冷える

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 日本の夏を代表する麺といえば、やはりそうめん。古くから夏の食べ物として愛されてきたものの一つで、奈良時代に伝来した索餅(さくべい)がルーツといわれています。ここでは、今年も猛暑が予想されている夏を乗り切るため、大自然や都心の野外で行われる夏季限定の流しそうめんや、メニューが豊富でアレンジが光るそうめん店など、清涼感を味わえる店を紹介します。

種類豊富なそうめんのメニュー

 東中野駅すぐ近くにある、居酒屋の阿波や壱兆。カウンターとロフト席のみでこぢんまりとした店で、徳島料理を中心とするさまざまなメニューが楽しめます。同店の売りは、一般的なそうめんよりコシが強く、のどごしが良い「半田そうめん」を使ったメニュー。「すだちそうめん」や「田舎ぶっかけ」など、種類豊富なそうめんのメニューも魅力です。変わり種を楽しみたいのなら、「冷やし中華そうめん」などの日替わりメニューに挑戦してみてはいかがでしょう(繁忙期となる夏季は2週間に1度メニューが変わる)。

店の庭先で楽しめる

 渋谷、円山町にある住所非公開の水炊き 波多野。ラブホテルに両脇を挟まれた細い路地の先にはあり、小さな暖簾(のれん)が目印です。店内は、座敷個室とテーブルの置かれた個室(2〜4人用)に区切られていて、プライベートな時間が過ごせます。夏季限定の「流しそうめんコース」(3000円、2人より)は、店の庭先で楽しめるメニューです。都心の隠れ家でカップルで流しそうめんを楽しむ、というのもいいでしょう。

合掌造りのレトロな雰囲気

 京王線柴崎駅近くにある季節料理 鮒宿。こちらは合掌造りのレトロな雰囲気の中で、流しそうめんが楽しめるお店です。6月中旬から9月中旬頃までの期間限定で、涼感たっぷりの流しそうめんを天ぷら付きで1404円で楽しめます。来店の際は、事前に電話予約が必要なので注意しましょう。

 その他の詳しい情報は「東京で味わう、そうめん・流しそうめん5選」で紹介しています。今夏のスケジュールに「流しそうめん」を入れてみてはいかがでしょう。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

流しそうめん | 期間限定 | 昭和


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆