連載
» 2019年07月10日 07時21分 公開

タイムアウト東京のオススメ:仕事は駅で済ます

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 カフェに入るほどではないが、少しだけ作業をしたいと思う方に朗報です。

 東日本旅客鉄道は、働き方改革のサポートを目的としたシェアオフィス事業「STATION WORK」の実証実験を進めてきました。その結果を踏まえ、今年8月より東京都内の主要4駅にてブース型シェアオフィスSTATION BOOTHの展開を開始します。

 ブースが設置されるのは、東京駅、新宿駅、池袋駅、立川駅の改札外。利用者はキャンペーン料金である15分162円(キャンペーン終了後は270円)をベースに、利用時間分の料金を支払うことで、ブースを使うことができます。

 ブース内には、Wi-Fiやコンセント、デスク、椅子、照明にモニターと、作業に必要な設備は一通りそろっています。実証実験で得た結果を元に改良を重ねたとのことで、その使い心地に期待が高まります。

 さらに今秋には、東京駅丸の内地下改札外にてコワーキングスペースSTATION DESKの開業も予定しています。こちらは、会員登録をすればSTATION BOOTHと同額でさまざまなバリエーションの席を選択することができるという内容。用途に合わせた使い方ができるのが特徴です。

「STATION DESK」内観イメージ

 今秋以降、首都圏を中心とした多くの駅にこうしたワーキングスペースが導入されていく予定。カフェや喫茶店の空き席を求めてウロウロする「作業場難民」の解消にもなるかもしれません。

 その他詳しい情報は、「JR主要4駅にブース型シェアオフィス STATION BOOTHが登場」にて紹介しています。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

東京 | 新宿 | 仕事 | 池袋 | 丸の内 | 働き方改革


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆