連載
» 2019年09月25日 07時22分 公開

タイムアウト東京のオススメ:クールな街に遊びに行く

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 タイムアウトが行った全世界対象の大規模な都市調査『Time Out Index 2019』をもとに、タイムアウトのグローバルチームが『The 50 coolest neighbourhoods in the world』と題したランキング記事を発表しました。

クールな街下北沢

 同調査は、世界の2万7千人以上の都市生活者に、各都市のフードシーンの充実度、文化的多様さ、フレンドリー度、財布事情、幸福度、住みやすさなどを尋ねたものです。その結果をもとに、さらに専門家たち(タイムアウトエディターと各地の事情に詳しいエキスパート)に意見を求め、各都市のなかで最も話題性の高い街を特定させたのが、このランキングです。

 下北沢が評価された理由としては、「下北沢はニューヨークにとってのブルックリンのようなものだが、唯一の異なるのはもっとイカしていること」。渋谷や新宿など都心の近隣地区と比べて商業開発が進んでいない下北沢は、流行に敏感な雰囲気や、アンダーグラウンドな格好良さを持つカウンターカルチャーのレガシー、多くのストリートクレド(街の若者たちからの信頼)であふれています。

 また、実際に下北沢にいた旅行者からは、「下北は若々しくて楽しく、物価がすごく安い。友達と散策していても、誰も自分のことを旅行者だとは見なさない。いろんな店や楽しいグルメスポットがたくさんある」という声もあったそうです。

 ランキングのトップ10では、1位で下北沢の上につけたポルトガルはリスボン・アロイオスのほかに、オニカン(ラゴス・ナイジェリア)、ウェディング(ベルリン・ドイツ)、ヒストリック・フィリピンタウン(ロサンゼルス・アメリカ)、ザ・ウォーターフロント(ホバート・オーストラリア)、ストラスブールサンドニ(パリ・フランス)、アストリア(ニューヨーク・アメリカ)、エンバハドール(マドリッド・スペイン)、ピルゼン(シカゴ・アメリカ)がランクインしました。

 さらに詳しい情報は「下北沢が「世界で最もクールな街」の2位に選出、1位はリスボンのアロイオス」より確認してほしい。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

東京 | ランキング | 旅行 | サブカルチャー


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆