連載
» 2019年08月28日 07時04分 公開

タイムアウト東京のオススメ:最新ひんやりスイーツで涼む

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 街を歩いていると、冷たいスイーツで暑さをクールダウンさせたいと感じることはないでしょうか。ここでは、「今年のトレンドになるかも?」といわれているベトナムから上陸したかき氷「チェー」や、食用の炭で作られた「チャコールスイーツ」、マンダリンオリエンタル東京のシェフが手掛けた、まるでアート作品のような雲型のケーキなど、今年チェックしておきたい最新のひんやりスイーツを紹介します。

ベトナムの伝統的なデザート

 アジア雑貨のセレクトショップ、バーバーバー内に「チェー」を提供する専門店が2019年7月にオープンしました。チェーは、寒天や果物、タピオカなど複数の具材を合わせて食べるベトナムの伝統的なデザートで、日本でいうところのぜんざいのようなものです。同店では、削った氷とシロップをかけて食べる「アイスチェー」(650円)をメインに提供。ココナッツミルクとマンゴーココナッツ、ジャスミンシロップ、あずきミルクの4種類からベースを選び、10種類以上あるトッピングから好みでカスタムも可能です。

風変わりな新作デザート

 マンダリンオリエンタル東京ペストリーシェフのステファン・トランシェ(Stephane Tranchet)による、風変わりな新作デザートは「雲」(1200円)というその名の通り、空に浮かぶ雲のように見えます。ぱりっとしたホワイトチョコレートでコーティングされたケーキには、季節変わりのクリームとムースがたっぷり。毎日10時30分から数量限定で販売されるため、デザートを手に入れるには、少しの早起きと運が必要です。

ソフトクリームの専門店

 銀座は松屋通りと並木通りの交差点に位置するソフトクリームの専門店、コイソフ。同店の漆黒のスイーツは、老舗ごまメーカー九鬼産業の練りごまや竹炭、ブラックココアパウダーなどを練り込んだ漆黒のソフトに、ベルギー産チョコレートをたっぷり使った濃厚チョコレートプリンやショコラブラウニーを合わせた「濃厚リッチブラックcoiパルフェ」(1200円/リキュールなし1000円)。仕上げにはコーヒーリキュールをかけて食べる、大人のスイーツです。色調の落ち着いたシックな店内では、ゆったりとした時間を過ごせます。

 その他詳しい情報は「この夏味わうべき冷たいスイーツ6選」で紹介しています。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆