連載
» 2019年11月06日 07時37分 公開

タイムアウト東京のオススメ:銭湯映画の舞台に行く

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 心も体も温めてくれる銭湯。近所の常連や部活帰りの学生、ふと入りにきた客など、さまざまな交流が生まれる場です。ここでは、そんな銭湯を舞台にしたコメディーや人間ドラマ、サスペンス映画を、舞台となったロケ地もあわせて紹介します。印象的なあのシーンを思い浮かべながら湯につかってみてはいかがでしょう。

立石のレトロな街並みも必見

 2019年11月15日(金)に公開される、立石のレトロな街並みも必見の、映画『わたしは光をにぎっている』。監督と脚本は中川龍太郎(映画『走れ、絶望に追いつかれない速さで』など)です。

 本作は長野から上京し、銭湯で働くことになった宮川澪 (松本穂香)の日常を立石の再開発問題と絡めてたんたんと描かれていきます。光石研演じる三沢京介が店主を務めるレトロな銭湯は、映画の結末と同じく残念ながら廃業(そのため非公開)。

 しかし再開発が進み、数年後には見れなくなってしまうかもしれない立石の街並みが記録されているのも本作の魅力です。劇中ではスッポン鍋を食べていたが実は寿司屋の江戸安や、人気中華料理店の蘭州などで撮影が行われています。

 わたしは光をにぎっている公式サイトはこちら

千葉県勝浦市で100年以上営業する老舗銭湯

 今年8月に公開すると話題を呼び、上映期間と館数をじわじわと伸ばしている映画『メランコリック』。映画製作ユニット「One Goose」の映画製作第1弾作品です。

 本作は、深夜に殺人が行われる銭湯を舞台に、人生が大きく動き出してしまう人々の人間模様を描いたサスペンスコメディ。撮影場所となった松の湯(千葉県勝浦市勝浦43)は、千葉県勝浦市で100年以上営業する老舗銭湯で、海沿いの銭湯らしい雰囲気があり、漁師も多く訪れる千葉で一番古い銭湯です。

 メランコリック公式サイトはこちら

西巣鴨にある木造作りの銭湯

 ヤマザキマリによる漫画『テルマエ・ロマエ』を原作とする映画。2014年には、続編となる『テルマエ・ロマエII』が公開されました。

 テルマエ・ロマエは、ローマの公衆浴場から現代日本の銭湯にタイムスリップしてしまった、古代ローマの浴場設計技師ルシウス(阿部寛)が、日本の風呂文化を学んでいく姿を描くコメディドラマです。

 西巣鴨にある木造作りの銭湯の稲荷湯は、ルシウスが最初にタイムスリップした場所。レトロな看板は映画の美術チームが制作したものをそのまま譲り受けたそうです。その他、お台場の大江戸温泉物語、温泉地では、巨大な天狗が印象的な栃木県の北温泉天狗の湯などで撮影が行われました。

 テルマエ・ロマエの公式サイトはこちら

 その他「銭湯を舞台にした映画4選」では身も心も温まる銭湯映画を紹介しています。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

映画 | レトロ | 舞台 | テルマエ・ロマエ | 温泉


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆