連載
» 2019年10月29日 07時21分 公開

タイムアウト東京のオススメ:鍋で身も心も温まる

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 秋も深まり朝晩と冷え込む日が続き、温かい料理が恋しい季節が近づいてきました。家族や友人との鍋パーティーや手軽な一人鍋など、自宅でのんびり鍋をつつくのもいいですが、ここではプロの腕が光る鍋料理の専門店を紹介します。ちゃんこ鍋やねぎま鍋、すき焼きなど、いずれも都内の名店ぞろい。今夜は、ほかほかの鍋料理を囲んでみてはいかがでしょう。

相撲部屋並みのボリュームで提供

 かつて、現役力士として活躍した琴黒潮(ことくろしお)が神楽坂で営む居酒屋、ちゃんこ黒潮。上品でありながらも気取らない雰囲気の店内では、元力士が作る、味も量も満点のちゃんこ鍋が味わえます。スープは、ほのかに甘味も感じられる白い麦みぞ仕立てで、季節の旬の魚の切り身は、どれも大ぶり。相撲部屋並みのボリュームで提供相撲部屋並みのボリュームで提供されるだけに、大人数で臨むのがおすすめです。店内に並ぶ数々のトロフィーは、相撲ファンならずとも見応えがあります。

甘辛い割り下は、代々伝わる秘伝の味

 美食家の間では言わずと知れた、すき焼き料理の名店、江知勝。1871年に創業し、現在は6代目が、この店の伝統と長年築いてきた信頼を受け継いでいます。明治時代からの美しい日本家屋を生かした、内観も見どころです。ここで味わうべきは、なんといっても、創業当初から変わらぬ味を守るすき焼き。甘辛い割り下は、代々伝わる秘伝の味です。霜降り肉はほんの数秒で火が通るので、長く煮込まずに、さっと溶いた卵にくぐらせて、とろけるような食感を味わいましょう。

ネギとマグロが主役の鍋

 カウンター9席のみのこぢんまりした、ねぎま。気取らない雰囲気で、本格江戸前料理を提供しており、冬はシンプルかつ上品な「ねぎま鍋」が堪能できます。ネギとマグロが主役の鍋で、コース料理の中の一品。厚切りのネギはとろりとやわらかくなるまで煮込まれ、食べるとネギの概念が変わるほどの味わいに驚くでしょう。最後は、土鍋で炊いた白米にこの煮汁をかけて、「出汁茶漬け」で締めるのがおすすめです。

 その他「東京、鍋で温まりたい名店5選」では、この冬行きたい老舗を紹介しているので、あわせてチェックしてほしい。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

| 料理 | おすすめ | シンプル


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆