連載
» 2019年11月12日 07時06分 公開

タイムアウト東京のオススメ:来年の幸せを願う

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 日本各地の鷲神社、大鳥神社で開運招福や商売繁盛を願う祭として、江戸時代から続く酉(とり)の市。毎年11月の酉の日に開催されます。江戸の鷲神社が発祥ということもあり、関東地方では盛んに行われています。各神社では市の日にしか買うことのできない「縁起熊手」や「熊手守り」などを売る露店が出店し、境内や神社周辺はにぎわいます。今年は二の酉までで、次回は、11月20日(水)に市が立ちます。近所の酉の市へ出かけて、来年の幸せを願ってみてはいかがでしょう。

明治時代から続く

 明治時代から続く花園神社の酉の市は、師走を迎える街の風物詩。開運招福、商売繁盛を願う飾り熊手などの露店が境内に出店され、境内と靖国通りが多くの人でにぎわいます。ほかにも、花園神社名物の見世物小屋も見逃せないでしょう。

宝物を大きく取り込む

 社名が「大取」に通じ、宝物を大きく取り込むという商売繁盛、開運招福の目黒大鳥神社酉の市は、招福の熊手を求める多くの人でにぎわいます。一の酉、二の酉いずれの日も、19時から社殿にて太々神楽、熊手の舞が奉納されます。

「鯛金(たいきん)」が当たるチャンスも

 築地の波除稲荷神社で毎年開催される酉の市。境内で熊手が売られるほか、開運と商売繁盛の神符「かっこめ」(1000円)が授与されます。さらにそのなかから抽選で、金箔入りのかわいらしい縁起物「鯛金(たいきん)」が当たるチャンスも。

 その他「東京、酉の市」では、浅草や府中、渋谷など、都内で行われる酉の市を紹介しています、年末の風物詩で来年の幸を願ってはいかがでしょう。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

神社 | 縁起 | 年末 | 祭り


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆