連載
» 2020年02月26日 07時06分 公開

タイムアウト東京のオススメ:日本橋の銀行に泊まる

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 2020年2月にオープンしたケーファイブ(K5)は、1923年に日本最初の銀行として竣工した、地下1階、地上4階建てのビルをリノベーションした複合施設。

日本最初の銀行として竣工した、ビルをリノベーション

 茅場町駅からも日本橋駅からも徒歩数分という好立地に位置します。「K5」という施設名は、改修前名称の兜町第5平和ビルに由来。

 スペース(2〜4階)の主体を占めるのは全20室のホテル ケーファイブで、「都市における自然 との共生」をテーマに、20〜80平方メートルのゲストルームを配しています(宿泊料金は1泊2万〜15万円)。

 ホテルをはじめK5全体の建築と空間デザインは、スウェーデンのストックホルムを拠点に活躍する建築家デザインユニット「CLAESSON KOIVISTO RUNE(通称CKR)」が担当。

 外観にはほぼ手を加えず、内装についても、むき出しのコンクリートや寄木細工の床など、元の建物の躯体(くたい)や仕様をそのまま生かしている部分も多い。

ホテルのゼネラルマネージャー 中川知子氏

 ホテルのゼネラルマネージャーを務める中川知子氏によると、CKRはホテルを手掛ける際、人物でコンセプトを作り上げるそうです。今回のプロジェクトを手掛けるFERMENT社は、ホテルのイメージを「かつて金融ビジネスで働いていたが今は退職した、65歳くらいの白髪の男性。おしゃれと自然が大好きで、いつかヨットで大西洋を横断したいと考えている」と説明したそう。

 地下1階と1階には、複数の飲食店が構えています。ニューヨークのクラフトビールメーカー、ブルックリンブルワリーの旗艦店となるビー(B)や、目黒のカビ(Kabi)が手掛ける新業態のレストランのケーブマン(CAVEMAN)、田中開と野村空人がプロデュースする、ライブラリーバー青淵 (あお)、国内3店目となるカフェスウィッチコーヒー(SWITCH COFFEE)と、「次世代の東京を凝縮するような」店舗が勢ぞろい。

特別な1日を過ごしてほしい

 最後に中川氏が「普段の生活を特別のものにする、ここにしかない場所。遠くの方だけでなく、東京にお住まいの方も、ぜひお泊まりいただき、特別な1日を過ごしていただきたいです」と話した言葉が印象的でした。

 新たな魂が宿り、息を吹き返した「銀行」に足を運んでみてはいかがでしょう。

 その他「日本橋兜町に「次世代の東京を凝縮する」複合施設K5が誕生」では、飲食フロアについても紹介しているので、こちらもチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆