ニュース
» 2021年02月09日 07時04分 公開

コロナ禍のいまリモートコミュニケーションスキルを身につければ一生ものにITmedia エグゼクティブ勉強会リポート(2/2 ページ)

[山下竜大,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 心理的安全性の高い場の創出では、リモート/対面での会議のファシリテーションスキルを向上することが重要。仕事の任せ方では、目的、目標を明確にしたミッション型のアサインにより、権限の委譲と目的・プロセスの合意を行い、進捗確認とフィードバックを実施。評価制度では、評価指標を明確にし、成果ベースの評価を行う。

 「危機的な状況下において従業員は、信頼、思いやり、安心感、希望を求めています。もっともポジティブな影響を与えてくれているリーダーは、部下に対し、日々の生活の中で、信頼、思いやり、安心感、希望を提供できることが必要です」(長田氏)

リモートワークで生産性を高める4つの観点

すぐに生かせるリモートコミュニケーションのコツ

 リモートコミュニケーションは、やり方さえ間違えなければ効率化できる。会議に必要なファシリテーションスキルは、相手をよく観察し、共感、傾聴、承認することが重要。次に、ティーチング、フィードバック、コーチングにより、相手に働きかけるスキルが求められる。

1 on 1ミーティング・ファシリテーションに必要なスキル

 さらに印象管理により、上司の圧力を感じさせないことが重要。画面に映る自分の顔を見て、部下が話しやすいと思う印象を与えなければならない。例えば、ニクソン対ケネディの大統領選では、当初はラジオによる選挙戦を展開したニクソンが優勢だったが、最終的には徹底的にテレビを活用したケネディが圧勝した。

 長田氏は、「現在、コミュニケーションが対面とリモートのハイブリッドに変化しています。いまリモートコミュニケーションのスキルを身につければ一生ものです。そのためにはいくつかのコツがあります」と話す。対面とリモートコミュニケーションの違いは、表情が硬く見える、言葉が冷たく感じる、距離が遠く感じる、反応がつかみづらいなど。

 対策としては、表情にメリハリを持たせる(笑顔でポジティブな雰囲気に)、声のトーン・大きさは2割増し、ボデーランゲージで距離感を近づける、深くしっかりとうなずくこと。特にボデーランゲージでは、自己表現力と感情読み取り能力の向上が重要になる。

 自己表現力の向上では、まず姿勢、視線を正しくする。対人距離も重要で、バストアップで表示して、手の動き、しぐさが分かるくらいが自然になる。身体接触も重要で、某企業のリモート会議では、最後に参加者全員で画面越しにハイタッチをしている。これだけでも、つながった感を得ることができる。

 長田氏は、「リモート会議では、最初の60秒間、正しい姿勢、自分らしい笑顔をつくることが効果的です。正しい姿勢で、口角を上げ、目じりにカラスの足跡が出るくらい笑うことが重要です。マスクをしていても、目で笑うことはできます。事実をしっかりと聞く言語傾聴と、語っている人の気持ちを感じ取る感情傾聴も重要になります」と締めくくった。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆