ニュース
» 2010年05月11日 15時46分 公開

IT業界に構造変化 大手ベンダーの戦略転換と大量雇用減の可能性戦略コンサルタントの視点(3/3 ページ)

[大久保 達真(ローランド・ベルガー),ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

国内のエンジニア需要の変化、雇用への影響

図3(クリックで拡大)

 大手ベンダーのオフショア活用が進めば、業界構造の下に位置する下請けベンダーの案件がオフショアに流れることになります。オフショア活用の拡大は、大きく3つに分けて進むことになります。(図3)

1. 中国・インドのシステムベンダーによるオフショア受託開発の拡大

2. 日本の大手システムベンダーのオフショア拠点の強化・拡大

3. これらのオフショア拠点における下請構造の確立・拡大

 ローランド・ベルガーでは、合計で約20万人から25万人程度のエンジニア需要がオフショアに流れると試算しています。エンジニア需要の大幅な減少に伴い、営業部門や管理部門の需要もさらに減少することが予想されますので、業界の雇用という面ではさらに大きなインパクトが発生することになります。

 次回は、これがひきおこす日本のIT業界の構造変化や各層のベンダーの戦略的課題について考えることにします。

経営者向け情報を集めた「ITmedia エグゼクティブ」の記事一覧をチェック

著者プロフィール:大久保 達真(おおくぼ たつま) プロジェクト マネージャー 株式会社ローランド・ベルガー

大久保 達真

慶応義塾大学理工学研究科修了後、三菱マテリアル、ネットワンシステムズを経て現職。米国コロンビア大学MBA。情報通信業、電機、自動車、金融、航空業界など幅広い業界における、事業戦略、新規事業立案、組織・人材戦略、マーケティング戦略、IT戦略の立案とともに、大規模PMOの運営などの実行支援も手がけている。システムアナリスト、システム監査技術者の資格を保有という一面を有する。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆