ニュース
» 2010年10月19日 09時49分 公開

生き残れない経営:製品の品質には企業の本音が表れる (3/3)

[増岡直二郎,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

 D社のグループ会社でもD社を見習って、独自の同様会議が開催される。グループ会社の某1社で同様の会議が開催されたとき、議題の対象となる当該設計部長が何の緊張感もない雰囲気で「これは、どうせ社長の勉強会ですから」と漏らしていたのには、情けなさと同時に絶望を感じた。そもそも品質についての社内意識を確立できていないこと、社長と事務局が社内に会議の趣旨を徹底し得ていないこと、会議の進め方に問題があることなどが原因だろう。この雰囲気が、D社グループ会社を侵食しつつあると言われ始めている。

 こうして、せっかく伝統的に連綿として続いていた絶好の教育機会が、グループとして形骸化しつつあること、しかもそのトリガーが結果的に経営幹部の姿勢によって引かれていることはなんとも皮肉である。市場における品質の問題が後を絶たない。しかし、事故が起きてから「原点に返る」「顧客の立場で考える」と決まってトップが繰り返すセリフは、お粗末極まりない。品質は、企業の本質に関わるテーマである。そんな泥縄対応で、企業の本質が変わるわけがない。

 企業の品質に対する姿勢は、一朝一夕で決まるものではない。それは、以上の例に見てきたような、1.常日頃のトップの考え方、2.社員の教育と意識、3. そして確固として確立された妥協のない品質管理体制で決まる。しかも、それは長年努力した結果企業に染み付いた体質である。いい加減な姿勢には、いい加減な対応といい加減な結果しか出ない。

 品質には、企業の本音が表れるのである。

著者プロフィール

増岡直二郎(ますおか なおじろう)

日立製作所、八木アンテナ、八木システムエンジニアリングを経て現在、「nao IT研究所」代表。その間経営、事業企画、製造、情報システム、営業統括、保守などの部門を経験し、IT導入にも直接かかわってきた。執筆・講演・大学非常勤講師・企業指導などで活躍中。著書に「IT導入は企業を危うくする」(洋泉社)、「迫りくる受難時代を勝ち抜くSEの条件」(洋泉社)。



前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆