ニュース
» 2011年01月27日 08時00分 公開

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:世界トップコーチの最先端心理学 (2/2)

[堀江 信宏,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 フォーカスは感情を生みます。単純に言うと、良い面を見れば良い感情が、悪い面を見れば悪い感情が生まれます。このフォーカス(どこを見るか)をコントロールするのが質問です。例えば、部下に不満を感じていたら、「彼/彼女に感謝できることは何だろう?」と質問したり、事業が行き詰まっていたら、「この状況を打開できるアドバイスをくれる人は誰だろう?」と質問したりできます。そうすることで新しい視点を持ち、より多角的でバランスの良い判断ができるようになります。

 ビジネス書の中には、優れた質問がたくさん書かれているので、まずは成功した経営者の質問を学ぶといいでしょう。ピーター・ドラッカー、ラリー・ボシディとラム・チャラン(「経営は実行」)、ジェームズ・C・コリンズ(「ビジョナリー・カンパニー」)など多くの経営者や教育者が、経営における質問の重要性を語っていますが、実際のところ、質問を徹底的に磨いている経営者は多くはないように思います。ぜひ優れた質問を学び、さらには工夫してオリジナルの優れた質問を作ってみて下さい。

著者プロフィール:堀江 信宏(ほりえ のぶひろ)

スピードチェンジ・ジャパン(株)代表取締役。立教大学卒業後、「文化の異なる人々の架け橋になりたい」と大手総合商社に入社。10年間、不動産事業、貿易事業、海外植林事業、流通業に関わる。独立後、イベント企画会社を設立。当時無名だったマイケル・ボルダックをプロモートし、わずか2年で日本のトップ講演家・トップコーチにした手腕には定評がある。現在は、銀座の同社オフィスにて、実践英語・実践ビジネス・行動心理学・目標達成コーチングなどの講座を提供している。中でも英語の発音を1週間でキレイにし、3カ月で英会話をマスターさせる講座は人気が高い。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆