連載
» 2011年07月14日 07時00分 公開

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:一生働く覚悟を決めた女性たちへ――仕事を楽しむ技術―― (2/2)

[古川裕倫,ITmedia]
前のページへ 1|2       

家庭での経験を会社に生かす

 拙著『一生働く覚悟を決めた女性たちへ』は、わたしのビジネスパーソン経験から、女性部下に期待すること、女性が不満を抱いている問題点を男性上司がどう見ているかなどを解説しました。

 例えば、女性はよく「結婚・出産でキャリアがとぎれてしまうのが怖い」と言いますが、まったく怖がる必要はありません。優秀な人材には、職場に戻ってきてほしいからです。多少ブランクがあったところで、すぐに取り戻せます。

 また、「子どもがいたら残業ができない」とも聞きますが、上司は、部下が長時間会社にいることなど望んでいません。男性でも女性でも、期待することは仕事をきちんと仕上げること。どんどん成長することです。失敗しても、報告がちゃんとされていて、過程が見えていれば上司は怒ったりしません。むしろ、失敗を恐れてチャレンジしない部下のほうに、失望してしまいます。

 また、女性は頭の回転が非常に速いので、ときとして男性上司を追いつめてしまうこともあります。わたしも身につまされる思いをしたことが何度かありました(涙)。

 「前にも言いましたよね? 」「それはつまりこういうことですか」そう正論で逃げ道をふさがれると、男性上司としてはツライ。「話は最後まで聞いて、なるほど、と一度受け止めてから反論をしてほしい」など、男としてのささやかな願いも少々書きました。

 職場での経験、組織のマネジメントは、家庭生活でも応用することができます。子育ての「方針」を決める、家庭内のルールを定める、目標設定の重要さを子どもに話す。どれも会社で普通にしていることです。逆もまたしかり。家庭での経験を会社に生かすこともできます。

 ヒラリー・クリントンが大統領選に出馬したとき、テレビ番組のインタビューでこんなことを言っていました。「わたしは娘であり、母であり、妻であり、姉・妹である女性の経験をホワイトハウスに持ち込む」。この考え方は、女性でも男性でも同じではないでしょうか。

 女性向けの本は圧倒的に女性の著者が多いのですが、この本には、当然男性視線も含まれています。男性に納得してもらえるなら、ぜひ職場で女性登用派になってもらいたい。また女性に限らず、リーダーとしての心得、仕事に対する覚悟、志のありかたについても述べています。

わたしはいつも、若手ビジネスパーソンに「自分の利益(昇進や昇給)のためではなく、会社に貢献することを第1に、仕事をしてほしい」と話しています。なぜなら、それがいずれ必ず自分のためになるからです。

 そしてそのときには、なるべく大きな目標、志をもってほしい。「目先の仕事を無難にこなす」という仕事目標ではなく、仕事を含めた素晴らしい将来を自分で作っていく、いわば人生の目標です。

 志があればくじけることなく、自分のゴールに近づくことができます。仕事をしながら学び、自分を磨いて、人生を楽しく生きることができます。志がないと、なんでも「やらされている」「しぶしぶやる」ことになり、実力も付きません。

 仕事は人生の一部分です。「あいうえお」な生き方はどうですか? 「明るく、生き生きと、上を向いて、笑顔で、面白く」そんな人生で、存分に自分を楽しませましょう。

著者プロフィール:古川裕倫

株式会社多久案代表、日本駐車場開発株式会社 社外取締役

1954年生まれ。早稲田大学商学部卒業。1977年三井物産入社(エネルギー本部、情報産業本部、業務本部投資総括室)。その間、ロサンゼルス、ニューヨークで通算10年間勤務。2000年株式会社ホリプロ入社、取締役執行役員。2007年株式会社リンクステーション副社長。「先人・先輩の教えを後世に順送りする」ことを信条とし、無料勉強会「世田谷ビジネス塾」を開催している。書著に「他社から引き抜かれる社員になれ」(ファーストプレス)、「バカ上司その傾向と対策」(集英社新書)、「女性が職場で損する理由」(扶桑社新書)、「仕事の大切なことは『坂の上の雲』が教えてくれた」(三笠書房)、「あたりまえだけどなかなかできない51歳からのルール」(明日香出版)、「課長のノート」(かんき出版)、他多数。古川ひろのりの公式ウエブサイト


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆