ニュース
» 2016年04月26日 08時00分 公開

Fintechは当たり前のサービスとして普及する有望市場 (2/2)

[山下竜大,ITmedia]
前のページへ 1|2       

貸付型クラウドファンディングのこれから

maneo代表取締役社長 瀧本憲治氏

 お金を借りたい人(借り手)と貸したい人(投資家)をウェブサイトでマッチングするソーシャルレンディングサービス「maneo(マネオ)」における借り手側ユーザーの管理を事業として展開するmaneo。同社は2008年10月に、日本で初めてソーシャルレンディングサービスの提供を開始した先進的な企業である。

 ソーシャルレンディングサービスの仕組みは、次のとおりである。まず借り手がmaneoに融資を申し込むと、maneoが借り手を審査し、問題がなければ投資家への募集を行う。投資家から投資があるとローンファンドが成立し、投資された資金を借り手に貸付実行。借り手から返済されると、元金および利息を投資家に分配する。

 maneoの仕組みは、ソーシャルレンディングサービスを提供するほかの企業にも提供されている。第1弾としてLCレンディングが2015年7月より、maneoを導入したソーシャルレンディングサービスの提供を開始している。代表取締役社長の瀧本憲治氏は、「この事例でmaneoのプラットフォームを導入したいという企業が一気に増えました」と話す。

 例えば2015年11月には、ガイアファンディングが、アメリカの不動産投資案件を担保付で提供するサービスにmaneoのプラットフォームを採用した。ガイアファンディングが提供するソーシャルレンディングサービスは、マネーフォワードのサービスメニューのひとつとしても提供されている。

 そのほか、飲食店のリース事業を展開する企業や香港の消費者金融などの企業も、maneoのプラットフォームを導入したサービス提供を予定している。瀧本氏は、「ガイアファンディングから学んだのは、米国の方が日本より規制が厳しいということです。そのためわれわれのサービスが、海外で高く注目されているのです」と語る。

 maneoでは、現在までに約420億円の貸出実績があり、ユーザー登録件数は約3万2000人、アクティブユーザーは約3500人に上る。いまのところ貸し倒れが発生していないので、優良な商品ということができる。今後、貸し倒れが発生した場合に、いかに乗り越えることができるかが最大の課題になる。

 今後はいかにより多くのお客さまにmaneoを利用してもらうかだ。その一環として、GMOクリックホールディングスと提携し、GMOクリック証券でmaneoの商品を販売する取り組みを推進している。この取り組みが成功したら、ほかのオンライン証券会社との連携も目指している。

 「海外では、1兆円を超えるソーシャルレンディングを行っている企業もあります。われわれは、まだブランド力がないので実績で示すしかないのですが、日本のソーシャルレンディングは、海外から高く注目されているので、日本のビッグネームと提携できれば、一気に市場を拡大できると期待しています」(瀧本氏)

モバイル決済サービスの未来

Square日本法人代表 水野博商氏

 Squareは、スマートデバイスにカードリーダーを差し込み、クレジットカード決済をするためのサービスを世界で初めて開発し、提供している企業である。中小規模の事業者に対し、誰でも、簡単にビジネスができる環境「商業活動をもっとかんたんに」がSquareのDNAであり、すべてのプロダクトがこのDNAに基づいている。

 Squareのサービスが誕生した背景には、Squareの共同創設者であるジム・マッケルビー氏の経験がある。同氏は、Squareの共同創設者であるとともにガラス工芸作家でもあるが、作品を販売するためにクレジットカード会社に加盟店登録を申請したが、個人事業主であるために申請を受理されなかった。

 そこで、Squareの取締役会会長兼CEOで共同創設者であるジャック・ドーシー氏に電話で相談しているときに、「スマートフォンでクレジットカード決済ができないか」と考えたことがSquare創設のきっかけだったという。これにより誕生したのが、小型で安全なクレジットカードリーダーであるSquareリーダーだった。

 Square日本法人代表の水野博商氏は、「以前のクレジットカード決済サービスは、ブランドごとの契約が必要、月額手数料がかかる、専用線が必要、煩雑なオペレーションなどの制約がありました。Squareは、こうした制約を取り除くことで、2015年10月現在、アクティブ加盟店が200万を超え、推定年間取扱高は380億ドルを超えています」と話す。

 日本市場では、2013年5月よりSquareサービスの提供を開始し、すでに十数万件のアクティブ加盟店で利用されている。Squareリーダーをはじめ、オンラインで請求書を作成、送信できるSquareインボイス、スマートなビジネス判断が可能なSquareデータ、POSシステムを構築できるPOSなどの製品で構成されている。

 例えば飲食店がSquareサービスを導入することで、タブレット端末だけで、会計をクレジット決済し、POSシステムにデータを蓄積して、Squareデータで売り上げ分析や在庫管理などを行うことが可能。Squareインボイスで請求書を作成し、メールで送信することもできるほか、クラウドサービスの会計システムと連携することもできる。

 「Squareサービスは、いつ、どこで、だれがクレジットカード決済を行ったのかをリアルタイムに把握できます。これにより、通常1カ月程度かかる店舗の審査が5分程度で可能になります。またクレジットカード決済の資金化が翌日には完了するので、中小規模の事業者にとって、非常に有効なサービスといえます」(水野氏)

 最後に根来氏は、「Fintechという言葉は、それが当たり前にあるにつれて使われなくなると思いますが、金融のサービスがバックエンドでつながり、リアルタイムに利用できるというトレンドは、これからも変化しません。Fintechがこれから先、ますます普及していくと考えています」と話し、定例会を終了した。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆