連載
» 2018年01月18日 07時23分 公開

好かれる人が無意識にしている言葉の選び方ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術(2/2 ページ)

[中谷彰宏,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 「どういう言葉であいさつすればいいですか」という質問が、よくあります。あいさつは要りません。名前を呼ぶだけで、リスペクトされるのです。

「もしもし」より、「○○さん、こんにちは」

 メール時代になって以来、電話で話すのが苦手な人が増えています。部下だけでなく、リーダーも、例外ではありません。

 安藤忠雄事務所では、クライアントさんとの連絡は、メール禁止だそうです。必ず、口頭で言うことが、大事なのです。

 電話では、一言目で、勝負がつきます。電話が日本に登場して以来、電話に出るときの言葉は、ずっと「もしもし」です。今は電話機が発達しています。誰からかかってきたか、表示で分かるようになっています。

 普通の人は、「もしもし」と言って出ます。一流のリーダーは、「ああ、○○さん、何?」と言って出ます。その方が早いし、相手もうれしいのです。

 しかも、今は1人1台電話を持っている時代です。電話をかけた人が、わざわざ「○○です」と名乗るのはおかしいのです。電話をかけた側としては、誰が出たか不安です。好かれる人は、「○○さん、△△(自分の名前)です。こんにちは」をノンブレスでスッと出る習慣をつけています。

 これは頭で考えていてもダメです。習慣で選べるのが言葉の選び方です。まずは正解を知って、次はそれを何回も何回も使ってみます。他のことを考えていても、忙しくても、スッと名前が口から出てくるようにしておくのです。

 頭で分かっていても、できるとは限りません。普段からの習慣で、慣れていないとできないことなのです。

「おいしいです」より、「これ、タイプです」

 例えば、クライアントからレストランに招待されました。そういうときに、普通の人は「おいしいです」と言います。

 これは間違っていません。間違っていないから、難しいのです。それ以上の言葉を考えようとしなくなるからです。間違っていないことを言っても、ただ嫌われないだけです。好かれるまではいきません。

 好かれる人は、「これ、タイプです」と言います。「タイプ」は「好き」の変化形です。同じお菓子でも、各自に好みがあります。

 「お口に合いますでしょうか」は、おいしいかどうかを聞いているわけではありません。相手の好みに合っているかどうかを聞いているのです。

 「おいしい」は、便利に使える言葉です。ただし、グルメレポートでは使ってはいけない言葉になります。おいしいのは当たり前だからです。グルメレポートで「おいしい」と言ったら、次から仕事は来なくなります。

 「おいしい」を、いかに別の言葉に言いかえるかです。「お口に合いますか」と聞かれて、「大丈夫です」と言うのは×です。

 例えば、女性の部下がお弁当を作ってきてくれました。それを食べた後に「お口に合いますか」と聞かれて、「大丈夫」や「平気」と言う人がいます。本人の中では、×だと気付いていません。相手は心の中で「そんな言い方はないでしょう。最低」と思っていますが、口には出しません。そこが難しいのです。

 食べた人は内心、「おいしい」と思っています。イマイチだったから、「食べられないことはない」という意味で「大丈夫」や「平気」と言っているわけではないのです。ここが怖いところです。

 同じように「おいしい」と思っているのに、「大丈夫」と言う人、「おいしいです」と言う人、「タイプです」と言う人とに分かれるのです。

 ボキャブラリーが少ないから、「大丈夫」というぶっきらぼうな言い方になっているだけというのは、親子なら分かります。会社の同僚レベルにそれを期待するのはムリです「最低の人」と思われて、「どうせまずいと思われているなら」と、次からはもらえなくなります。

 言葉の選び方一つで、その後の関係は、近づくどころか、どんどん離れていってしまうのです。

著者プロフィール:中谷彰宏・作家

1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。博報堂勤務を経て、独立。91年、株式会社中谷彰宏事務所を設立。

【中谷塾】を主宰。全国で、セミナー、ワークショップ活動を行う。【中谷塾】の講師は、中谷彰宏本人。参加者に直接、語りかけ質問し、気づきを促す、全員参加の体験型講義。

著作は、『好かれる人が無意識にしている言葉の選び方』(すばる舎リンケージ)など、1000冊を超す。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆