連載
» 2022年04月05日 07時05分 公開

自由自在なととのい体験が味わえる安らぎのプライベート空間タイムアウト東京のオススメ

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 2022年3月7日の「サウナの日」に、完全個室のひとりサウナプラスが恵比寿にオープンしました。サウナ内での正しい振る舞い方が分からず、なかなか門をたたけないビギナーの入り口になることを目指した同店では、気軽な一人サウナ体験を提供します。一人で一部屋を使用するため、公衆浴場では萎縮してしまう人でも、心おきなく本格的なサウナが楽しめるでしょう。

ひとりサウナプラス(Photo: Keisuke Tanigawa)

 恵比寿駅の中心から少し離れ、閑静な住宅街にたたずむマンションの1階にひっそりと店を構える同店は、入り口に置かれたピクトグラムとカウンターの上にある黄色いネオンが輝く看板が目印です。グレーを基調とする店内は、モダンでありながらどこか温かみが感じられる内装です。ガラスの扉から日光が差し込み、開放的な雰囲気が来店者を優しく包み込んでくれます。

 事前にオンライン予約と決済をしてから来店するため、現金の持ち込みは必要ありません。60分(3800円、23時以降は4500円)と90分(4800円)、2つのコースを用意しました。60分コースを2回続けて予約するなど、コースを自由自在に組み合わせて、滞在時間を調整することもできます。

個室(Photo: Keisuke Tanigawa)

 手ぶらで足を運び、着替えからサウナ、休息までを全て一つの個室で行えるのが大きな魅力です。人前で脱衣することに抵抗がある人や、自分の体にコンプレックスがある人、年齢や性別にかかわらずあらゆる人にフレンドリーともいえるでしょう。狭さを感じさせない広々とした部屋には、サウナ室、シャワー、休憩スペースはもちろん、冷蔵庫やドライヤーも完備。タオル、サウナマット、シャンプー、洗顔といったアメニティーも用意しています。

 こだわりが強く反映されたヒノキのサウナ室は、サウナの設備を知り尽くしたスペシャリストであるU.スペック社が手がけたもの。蒸気が完璧なタイミングで降りてくる高さに設計された天井、上り下りしやすい段差など、職人の技が随所に光ります。美しい座面は、体格の大きな人が寝転んでも余裕ができるほどの広さ。ヒノキの香りを吸い込みつつ、至福の時を感じましょう。

サウナ室(Photo: Keisuke Tanigawa)

 好きなタイミングで、ロウリュができるのも個室サウナのメリットです。公衆サウナでは、一気に蒸気を発生させて体感温度を上げるロウリュは周囲に気を使うためハードルが高く、敬遠してしまう人も多いでしょう、そんな人はぜひサウナストーンへの水の上手な注ぎ方、部屋の大きさに合わせた温度の調節方法など、この場でロウリュを探究してみてはいかがでしょうか。

 もちろん、サウナの後に欠かせない冷水浴も用意しています。シャワースペースには扉を設けておらず、休憩スペースへスムーズに移動できると好評です。休憩スペースに置かれた、座り心地抜群のチェアで極上のひとときを過ごしましょう。

 フィンランドにおけるサウナの妖精をモチーフにした、店のオリジナルキャラクター「トントゥおじさん」も出没。各部屋にいる、隠れトントゥおじさんを探してみましょう。コロナ禍で安心安全な空間が求められる今、サウナへの愛が詰まった本格的なプライベートサウナを満喫してみてはいかがでしょう。

 その他「恵比寿のひとりサウナプラス訪問記、完全個室でロウリュウを探究せよ」ではさらなる魅力を紹介しています。是非チェックしてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆