連載
» 2022年01月18日 07時03分 公開

元雀荘をモダンに改装したネオ居酒屋、ジャンソーアタルが北千住に開店タイムアウト東京のオススメ

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 2021年12月3日、飲食店が軒を連ねる北千住にネオ居酒屋、ジャンソーアタルがひっそりと開店しました。

麻雀卓を模したガラステーブルは特注品

 1階に飲食店らしい看板は一切なく、知らなければ通りすぎてしまう隠れ家的な居酒屋です。雀荘(じゃんそう)をリノベーションした同店は、店の外にあえて雀荘当時の古びた看板「麻雀 登美」を残しました。その看板を頼りに店の入り口へ、扉を開けると空気は一変、モダンなアイランドキッチンやバーカウンターが並び、雀荘らしいデザインのネオンは圧倒的な存在感を放ちます。奥に配置された麻雀卓を模したガラステーブルは特注品とのこと。

 新旧入り交じる、不思議な空間での食事は「ならでは」の体験となるでしょう。オーナーの當山鯉一(とうやま・りいち)は「あえて見つけにくくすることで気持ちをあおり、入った時のギャップを楽しんでもらう仕掛けにした」と話します。

 ドリンクはオリジナルのサワー、週替わりで提供する自然派ワイン、焼酎、果実酒、ウイスキーなど、多彩なラインアップとなっています。特に、オリジナルのサワーは、バイスとミントのリキュールを炭酸で割った「バイスミントサワー」(600円)、ジンとブルーキュラソー、レモン、トニックを合わせた「青のレモンサワー」(630円)、6種のスパイスと伊良コーラをサワーで割った「金子コーラ酎」(650円)など、ユニークな変わり種が多く、是非味わって頂きたいメニューばかり。オリジナルグラスに描かれた愛嬌(あいきょう)のあるイラストも目を引きます。

名物の焼きビーフン

 ここを訪れたら必ず食べておきたいのが、名物の焼きビーフンです。味は4種、好みによって選ぶことができます。「ニラビーフン」(750円)で使っているジェノベーゼ風のソースは、たまりしょうゆのうまみとクルミの香ばしさがニラの甘みと絶妙にマッチし、癖になるおいしさです。自家製にんにくじょうゆをかけて食べるとさらに風味が出るので、ぜひ試してみてください。

口に含んだ途端、ジューシーな牛肉と濃厚なウ二が絡み合う

 人気メニューの「牛ウニ焼売」(680円)も外せません。同店こだわりのシューマイの皮は、肉厚で食べ応えたっぷりで、口に含んだ途端、ジューシーな牛肉と濃厚なウ二が絡み合い、幸福な気分に浸れること間違いなしです。

斬新な内装

 昔ながらの名酒場も多い北千住に、斬新な内装やひとひねりした個性派メニューで新しい風を吹き込むジャンソーアタル。秘密の時間を過ごしに、訪れてみてはいかがでしょう。

 その他、「元雀荘をモダンに改装したネオ居酒屋、「ジャンソーアタル」が北千住に開店、秘密基地のような個性派空間で乾杯」では、同店のさらなる見どころを紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

居酒屋 | 麻雀 | 飲食店 | 食事


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆