連載
» 2022年06月07日 07時07分 公開

東京、ベストタコス3選タイムアウト東京のオススメ

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 今、東京にはメキシコの名物料理を専門に扱う店が増えています。

 ここでは「地球の裏側」のストリートフードを無性に食べたくなったときにぴったりな、最高のタコスが味わえるお店を紹介します。

Photo: Akane Suzuki

 三軒茶屋のロス タコス アスーレスは、朝食を取るために早起きしてもいいと思える店です。タコスはブルーコーンのマサ粉で手作りされており、独特の藍色をしています。カウンターの中では、オーナーシェフのマルコ・ガルシアが、タコスやチキンタマレスなど本場メキシコの定番料理を日本の旬の食材を使ってヘルシーに仕上げます。

 シンプルなアボカドのタコスから、カルニータス(メキシコの伝統的な豚肉のラード煮込み)とサルサのタコスまで、メニューはさまざま。タコスは1人前でも、驚くほどのボリュームです。チラキレス(トルティーヤを4等分して揚げたメキシコの伝統的な朝食)を食べる余裕も残しておきましょう。ゆで卵とアボカドのトッピングがおすすめです。

Photo: Keisuke Tanigawa

 渋谷のラ・カビーナは、ビアパブ、オール トーキョーの前に停まっているフードトラックで営業するタコス屋です。つい立ち寄りたくなるような外観と相性抜群のビールで気軽にメキシコの雰囲気を楽しめるでしょう。

 メキシコ人シェフのハイム・シフエンテスによる、本物に忠実なレシピで本格的なメキシコ料理が楽しめます。ソパ・デ・トルティーヤ、季節のセビーチェ、そしてもちろんタコスなど、昔ながらの家庭的なレシピで作られたメニューを提供しています。

 Netflixの『タコスのすべて』で紹介された天ぷら風のフィッシュタコスはもちろん、定番のカルニータスや、パイナップルがトッピングされたトロピカルなアル・パストール(グリルした豚肉)も試してみてください。

Photo: Keisuke Tanigawa

 タコスといえばテキーラで「流し込む」という概念を覆すのが、恵比寿の隠れ家的レストラン、キヤスです。

 タコスをディナーコースメニュー(1人7050円)の一部として提供、オプションでワインとのペアリングが楽しめます(コース料金と合わせて1万2000円)。

 異文化をミックスしたモダンなメキシコ料理は、いわゆる「テクスメクス」(メキシコ風のアメリカ料理)とは違う複雑な味わいに仕上がっています。デートにもおすすめの店です。

 また、『東京、ベストタコス5選』では、本格派から和風テクス・メクスまで、都内で食べられるメキシコ料理店をさらに詳しく紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

メキシコ | 料理 | ビール | おすすめ | 飲食店


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆