連載
» 2011年04月07日 07時00分 公開

1万人の諸先輩が語る40代の後悔ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術(2/2 ページ)

[大塚 寿,ITmedia]
前のページへ 1|2       

もっと勉強しておけばよかった――「ばっかり読み」のすすめ

 諸先輩の中には、忙しさにかまけて経営や専門分野の勉強、そして人としての教養を深める時間を取らなかったことを、後悔している人も少なくありません。

 年相応の学びが必要だったことに60歳を過ぎて気づいても、それは後の祭りです。しかし、現実問題として、会社でも家庭でも周囲に振り回されている40代にとって、継続的にじっくり勉強する時間など取れるはずもありません。

 そこでお勧めなのが、「ばっかり読み」です。二種類の「ばっかり読み」があるのですが、まずは1分野の本ばかりを10冊くらいまとめて読む方法です。その1分野というのは「法人営業」「販売促進」「コーチング」といったテーマの場合もありますし、「信越化学」「セブンイレブン」「マクドナルド」といった企業の場合もあるでしょう。

 とにかくまとめて読むのです。そうすると3、4冊目で同じことが書かれていることに気付き始め、その最大公約数的なエッセンスを把握できるようになります。4、5冊目からは内容は予測できるようになるため、読むスピードにも拍車がかかります。7、8冊目になると今後は、まだ知らないことを探すように読めるようになるでしょう。この濃密体験によって、腹落ちする内容が多くなって、長く記憶に残るという効果が得られるのです。

 もう1つの「ばっかり読み」はバイブル読書とも言われる方法で、自分のバイブルとなりそうな1冊を選び、何度も何度も繰り返し読む方法です。目安としては、そのテーマで90分の講演ができる程度まで読み込むのが1つの目標です。

 20代、30代、40代と進むに従い自分の時間というものは、どんどん少なくなります。限られた時間であればこそ、読書の効用も最大限にしたいものです。

 読書が好き云々にかかわらず、40代には年相応の知見や教養が求められるのが現実ですから、週末時間の午前、午後、夜を6コマに分けるなどして、そのうちの何コマかを自分の勉強に当てるのも効果的なの方法です。

著者プロフィール:大塚 寿

1962年、群馬県生まれ。株式会社リクルートを経て、ヤマメの養殖で留学資金を作り渡米、アメリカ国際経営大学院(サンダーバード校)MBAを取得。現在、オーダーメイド型企業研修および法人営業コンサルティングを展開するエマメイコーポレーション代表取締役。また、株式会社宣伝会議の提案営業力養成講座の講師としても活躍中。著書に「職場活性化の『すごい!』手法」「リクルート流」「リクルート式」「25歳からの社会人力」「売れる営業、売れない営業」(以上、PHP研究所)、「資料送っておいてと言われたらチャンスと思え!」(双葉新書)、「バイトでも億稼ぐ不況なのに元気のいい会社」(徳間書店)、「オーラの営業シリーズ」(Nanaブックス)、共著に「伝わる化」「法人営業バイブル」「転職力」(以上、PHP研究所)「部下のやる気を2倍にする方法」(ダイヤモンド社)がある。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆