連載
» 2016年07月21日 10時20分 公開

出世する人としない人の差は、微差であり、その微差こそが大差になるビジネス著者が語る、リーダーの仕事術(2/2 ページ)

[田中和彦,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 試しに、1859年にイギリスで発行されたサミュエル・スマイルズの『自助論』(日本ではかつて『西国立志編』とも呼ばれていました)を読んでみるといいと思います。「天は自ら助くる者を助く」という序文が有名な本で、当時の欧米人300人以上の成功談を集めたものですが、150年以上も前の本にもかかわらず、今のビジネス書と通じるものが多く、成功するための原理原則は、古今東西、変わらないものだと改めて思い知らされます。

 ビジネスの原理原則で、人との信頼関係を築くために大事なことを選ぶとすると、先にも書きましたが、「時間を守る」が挙げられます。

 この「時間を守る」行為は、私たちの日常の中で何度も出てきます。「始業時間は○時○分から」「○時から会議が始まる」「○時のアポイントに伺います」「○時に集合してください」「○時に待ち合せね」「○分後に折り返しの電話をします」などなど、組織の中で働く場合、私たちは1日にかなりの数の時間の約束を交わしているはずです。

 時間にルーズな人というのは、「あの人はいつも時間に遅れるね。どんな約束をしても守られたためしがないよ」と常に信頼を失う人であり、時間に厳格な人は、「あの人はどんな時でも時間を守る。いい加減なところが全くないよ」と誰からも信頼されます。

 つまり、時間の約束という小さな積み重ねが、ほかのすべてにも通じているのです。

 人事考課で能力を評価する場合に、S判定(非常に優れている)、A判定(優れている)、B判定(人並みに普通)、C判定(やや劣っている)、D判定(劣っている)というような段階評価を用いる企業が多いのですが、常にS判定の高評価を獲得できる人とD判定の烙印を押される人との差というのは、意外にもちょっとした差だったりします。

 「何が何でも時間は守らなくては」と思う人と、「少しくらい時間に遅れたって構わない」と思う人との違いは、ちょっとした意識の違いですが、この差こそが評価の決定的な差につながってくるというわけで、「微差が大差」とは、まさにそういう意味なのです。

 『出世する人、しない人の1ミリの差』(きこ書房)は、ホチキス止めのたった1ミリの差を引き合いに、評価される人とされない人の差を52のポイントで解き明かしています。

 時間への意識と同様に、「1ミリでもキッチリ揃えなくては」と思う人と、「1ミリくらいどうでもいい」と思う人の、その1ミリの差こそが、すべての仕事に通じるということです。

 S判定とD判定の分岐点は、ちょっとした差です。だからこそ、意識と行動を少し変えれば、D判定からS判定に一気にジャンプアップすることも不可能ではないのです。

著者プロフィール:田中和彦

株式会社プラネットファイブ 代表取締役

人材コンサルタント/コンテンツプロデューサー

1958年、大分県生まれ。一橋大学社会学部卒業後、リクルートに入社。人事課長、広報室課長、転職情報誌『週刊ビーイング』『就職ジャーナル』など、4誌の編集長を歴任。その後、ギャガ・コミュニケーションズで映画プロデューサー、キネマ旬報社/代表取締役を経て、現在は、「企業の人材採用・教育研修・組織活性」などをテーマに、"今までに2万人以上の面接を行ってきた"人材コンサルタント兼コンテンツプロデューサーとして活躍中。新入社員研修、キャリアデザイン研修、管理職研修などの講師や講演は、年間100回以上。著書に、『課長の時間術』『課長の会話術』(日本実業出版社)、『42歳からのルール』(明日香出版社)など多数。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆