連載
» 2020年04月02日 07時02分 公開

「上司」としての、その立ち振る舞い、OKかNGかビジネス著者が語る、リーダーの仕事術(2/2 ページ)

[柴田励司,ITmedia]
前のページへ 1|2       

26、部下の忖度に気づいていない

27、他社の社員が優秀に見える

28、仕事がデキるだけの人をリーダーにしてしまう

29、悪い情報を部下に隠す

30、相性が合わないのを部下のせいにする

31、説得しようと試みる

32、ネガティブな意見を拒絶してしまう

33、想定外の事態で部下を責めてしまう

34、反対しないが賛成もしない

35、空気が悪いのを放っておく

36、資料が多いのをよしとする

37、会議が指示をする場になっている

38、参加するだけの人がいる

39、気くばりをおろそかにしてしまう

40、「やったことがない」という不安に負けてしまう

41、部下を子分扱いしてしまう

42、すぐに社員を呼びつけてしまう

43、希望を語らない

44、部下にやらせず、自分でやってしまう

45、忙しい方が評価されると思っている

46、部下にやってもらえばいいと思っている

47、働き方改革とは残業規制だと思っている

48、自分の若いころのハードワークを強要してしまう

49、若い時に頑張った遺産で逃げ切るつもり

50、朝令暮改で部下を振り回してしまう

(「上司の“当たり前”を止めなさい――目次から」)

 これらは、私が目にしてきた“ダメ上司”の行動例です。部下たちが“ダメ上司”をどう見ているか、のリストでもあります。共通しているのは、それが“ダメ”と評価されていることに気付いていないことです。

 上司たるもの、仕事ができるのは当たり前。それだけでは足りません。“あの上司と一緒に働きたい!”と思われたいものです。いかに周囲の人たちが一緒に働きたいと思うか、それを意識しましょう。部下の人気取りをせよ、と言っているのではありません。部下が期待する姿をイメージして、それを演ずるのです。

 本書では上の50のダメ事例に心当たりがある人に向けて、その行動を見直すヒントをまとめてみました。頭から読む必要はありません。気になる行動事例から確認してみてください。☆は初級管理職、☆☆は上級管理職、☆☆☆は執行役員、本部長、社長など一定範囲で意思決定することが役割責任となる人をイメージしています。

 これからの「上司」は大変です。これまでは自分の経験をベースに指導してきたかもしれませんが、これからは「指導」ではありません。場合によっては自分よりも特定領域で優れている人に、いかに活躍してもらうか、それが論点となります。

 自分よりも年上、外国人の部下は当たり前、業務委託の人や副業で参加している人も出てくるでしょう。そういう中で組織としての結果を出していくためには「ピープルマネジメント力」が最も重要になります。そうなると、“あの人と一緒に働きたい”という魅力があるか、これが問われます。自分で“当たり前”と思ってやっていることが、周囲にとって“一緒に働きたくない”と思わせることになっていないか。本音ベースで確認してみてはいかがでしょう?

 50のチェックリストを部下たちにつけてもらってみてください。まずは、そこからですね。

著者プロフィール:柴田励司

1962年東京都生まれ。上智大学文学部英文学科卒業後、京王プラザホテル入社。京王プラザ在籍中に、在オランダ大使館出向。その後京王プラザホテルに戻り、同社の人事改革に取り組む。

1995年、組織・人材コンサルティングを専門とするマーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティング(現マーサージャパン)に入社。

2000年、38歳で日本法人代表取締役社長に就任。組織に実行力をもたらすコンサルティング、次世代経営者層の発掘と育成に精通する。

2007年、社長職を辞任し、キャドセンター代表取締役社長、デジタルスケープ(現イマジカデジタルスケープ)取締役会長、デジタルハリウッド代表取締役社長、カルチュア・コンビニエンス・クラブ代表取締役COO 、パス代表取締役CEO 、ジヴァスタジオ代表取締役会長、マードゥレクス代表取締役会長などを歴任。

2010年7月より「働く時間」「学ぶ時間」をかけがえのないものにしたいという思いのもと、経営コンサルティング事業と人材育成事業を柱とするIndigo Blueを本格稼働。2015年11月より代表取締役会長に就任。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆