連載
» 2022年01月25日 07時03分 公開

Chim↑Pomが森美術館内に託児所を開設、クラファン実施中タイムアウト東京のオススメ

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 子連れ客のための「くらいんぐみゅーじあむ」プロジェクト、結成17周年を迎える日本の現代アーティストコレクティブ、Chim↑Pomの回顧展「Chim↑Pom展:ハッピースプリング」が2022年春に開催されます。展示期間中、新アートプロジェクト「くらいんぐみゅーじあむ」として、会場の森美術館入り口に託児所を設置することを発表しました。

くらいんぐみゅーじあむ

 Chim↑Pomのメンバーであるエリイは、自身が子育て中に経験した美術館での体験を交え、ステイトメントで以下のようにコメントしています。

 「美術館の泣き声。泣いたってかまいやしないよ、だって子どもだもの。鑑賞者はこの声を聴くことになるでしょう。すべからくこの世の関係者、誰もが全員、初めは赤ん坊だったし子どもだった。あなたも、私も、虫も木も。」

Chim↑Pom(Photo: 山口聖巴)

 森美術館では開館以来、妊娠中の来場者や乳幼児とその家族と一緒に展覧会を楽しめるさまざまなプログラムを行ってきました。

 本プロジェクトではクラウドファンディングを実施し、支援金を託児所業務の委託費として活用します。支援金額によって託児所の営業日が増える仕組みとなっており、リターンにはChim↑Pomが描いたオリジナルぬり絵のダウンロードと、ぬり絵に彩色した作品の募集、会田誠、東村アキコ、河村康輔ら豪華審査員によるぬり絵コンテストなどがの催しが用意されています。

審査員の東村アキコによるぬり絵見本

 展示期間は2月18日(金)〜5月29日(日)。クラウドファンディング締め切りは4月1日(金)を予定しています。

 また、「Chim↑Pomが森美術館内に託児所を開設、クラファン実施中」では、同展示についてさらに詳しく紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆