連載
» 2022年06月21日 07時00分 公開

まるでクラフトビールのガソリンスタンド、TAP&TUMBLERが恵比寿に登場タイムアウト東京のオススメ

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 恵比寿にセルフタップでビールが注げる店、タップアンドタンブラーが、このほどオープンしました。

Photo: Kisa Toyoshima

 オーナーの金井圭司は、2018年にタップアンドグロウラー下北沢店を開店。日本ではまだ珍しかったビールの量り売りをいち早く導入し、業界から一躍注目を集めました。渋谷にある2店舗目のタップアンドクロウラー(TAP&CROWLER)も軌道に乗ったため、今度は恵比寿で、「セルフタップ」という新しい切り口の店舗を展開することを決意したそうです。

 インダストリアルな雰囲気の広々とした店内には、気軽にスタッフとの会話ができるカウンターのほか、ラフな立ち飲みのテーブルがあり、テイクアウトと角打ちの両方が楽しめます。クラフトビールは常時15タップをラインアップ。全て国産ブルワリーから直に仕入れています。さらに、タップに二酸化炭素と窒素の混合ガスを使用することで、なめらかできめ細かな泡を実現しており、クラフトビール好きにはたまらないポイントです。

Photo: Kisa Toyoshima

 量り売りは1オンス(oz)から可能で、自分の好きな量だけ注げます。試飲するように少しずつ味わえるので、飲み比べもしやすく、マニアはもちろん、自分好みの味を見つけたい初心者にもおすすめです。

 取材時に注文したのは、タップアンドタンブラーオープン記念として作られたINKHORN BREWINGの『α RECORD』(1オンス84円)。マンゴーやパイナップルを感じさせる南国フルーツのようなアロマ、オーツ麦のなめらかなボディ感が残る1杯となっています。

 定番のビールがなく、訪れる度にその季節ならではのビールが楽しめるのも同店の魅力。その度に直感で選ぶことで乾杯する楽しさも倍増するはず。店内には手軽につまめるスナック類も用意していますが、フードは持ち込みもOKです。

Photo: Kisa Toyoshima

 肩肘張らずに乾杯できるオープンなスタンドで、セルフタップでビールを注いで、飲み比べを楽しんでみては。

 また「まるでクラフトビールのガソリンスタンド、TAP&TUMBLERが恵比寿に登場」では、ビールスタンドについて、さらに詳しく紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

ビール | 店舗 | 乾杯 | 飲食店


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆