連載
» 2011年04月19日 07時00分 公開

危機のときこそリーダーの出番未曾有の危機に直面したリーダーに求められること(2/2 ページ)

[細川馨(ビジネスコーチ),ITmedia]
前のページへ 1|2       

すべて自分でやろうとするな

 リーダーにひとつ伝えたいことがある。

 それは、「自分一人ですべてを解決しようとするな」ということである。リーダーのすべきことは、専門家を集め、彼らの英知を集め、状況を打開するための道筋を立て、それを実行に移すことである。多くの人の力を借りていいのである。

 今回の大震災の場合、行政が行うのか、自衛隊や消防庁に依頼するのか、早い段階でその道筋を立てる必要があったかもしれない。

 危機が起きたら大まかに状況を把握し、実務の専門家をすぐに集めて改善策、戦略を出させ、それを実行させる。誰が責任者になり、誰を応援して、どういう救済を行うのか――このような道筋をつけてあげる必要があるだろう。

 また、状況が刻一刻と変化する中で、戦略を変更することも出てくる。この震災で言うならば、被災されている人をケアするチームと、生存者を捜索するチーム。大変気の毒ではあるが、どこかの段階で、このチームの比率も変えていかなければいけない。全体を把握しながら、その指示をリーダーは出していくのである。

 企業で危機が起きた場合もリーダーに求められることはまったく同じである。問題が起きたら、まずはすぐに大まかに現状をつかみ、アナウンスする。専門家を集め、問題を解決する打開策を提示し、実行する。これを1日くらいでやる必要があるだろう。

 国家を揺るがすような事態を日本は乗り越えられるだろうか。海外のメディアでは、日本を応援し、賞賛するニュースも多いと聞く。これだけの天然災害にあったにもかかわらず、物資を求めて順番を持って並び、助け合い、強盗や略奪もほとんど起きない。復活できる力を国民は持っていると思う。

 ただし、必要なのは、リーダーである。これまで話したことを実行し、この国が進むべき道筋、ビジョンを示すことができる、真のリーダーが求められている。

 現場にはすばらしいリーダーがたくさんいるとわたしは思っている。人には知られていない、立派なリーダーがいる。だから、日本は復興していくはずだと確信している。組織を、日本を変えていく、真の国のリーダーを心の底から望んでいる。

 次回は未曾有の危機に直面したし際に、リーダーがどのようにコミュニケーションをすべきかについて話したい。


著者プロフィール

細川馨(ほそかわ かおる)

ビジネスコーチ株式会社代表取締役

外資系生命保険入社。支社長、支社開発室長などを経て、2003年にプロコーチとして独立。2005年に当社を設立し、代表取締役に就任。コーチングを勤務先の保険会社に導入し、独自の営業システムを構築、業績を著しく伸ばす。業績を必ず伸ばす「コンサルティングコーチング」を独自のスタイルとし、現在大企業管理職への研修、企業のコーポレートコーチとして活躍。日経ビジネスアソシエ、日経ベンチャー、東商新聞連載。世界ビジネスコーチ協会資格検定委員会委員、CFP認定者、早稲田大学ビジネス情報アカデミー講師。



前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆