連載
» 2011年07月22日 10時31分 公開

結果の出ない部下をどうするかビジネスマンの悩み相談室(2/2 ページ)

[細川馨(ビジネスコーチ),ITmedia]
前のページへ 1|2       

センサーを働かせる

 わたしは、結果を出す人はセンサーを持っていると考えている。センサーとは直感や「これはいける」という感覚である。直観を信用していいのかというが、直観は何もないところから生まれるわけではない。その人のそれまでの経験や知識から「これはいける」と感じる瞬間である。そのセンサーを身に付ける必要がある。

 それでは、どうしたらそれは身に付くのか、訓練しかないが、わたしが思うのは、「常に考える」ということで養われるように思う。プライベートと仕事を分けるべきという意見もあるが、プライベート、生活の中からいろいろなヒントを得られることも多い。常に考えることでそのセンサーは磨かれるのである。

 また、自発的に仕事をしてみることもお勧めである。指示を待つのではなく、こうやったらいいのではないかと自分から手を挙げていく。その自発的な行動を通して、先に進んで行くことになる。いつも受け身だと、センサーは働かないし、磨かれない。

答えのないものに挑戦する

 また、答えのないものに挑戦することをお勧めしたい。それを通して、人は考えるようになる。答えのないことに挑戦することで学べるのである。

 個人的な話になるが、わたしはよくゴルフをするのだが、先日あるコーチから指摘を受けた。「クラブのヘッドが出ていない」

 わたしはしっかりとやっていると思っていたのだが、コーチによると、当てる瞬間に力が抜ける、球に当てにいこうとしているらしい。コーチのアドバイスは、「フォロースルー」、つまり振り抜くことが大事だという。

 失敗して恥をかきたくないということもあるだろうが、失敗してもいいから思いっきり振ることで、失敗から学ぶことができる。失敗しないことばかり考えて、球を当てようとすると、飛ばないし、スライスする。

 センサーを働かせて、失敗を恐れずに行動する。失敗したらまた学ぶ。それらを通して結果を出す部下に成長していくと考えている。


著者プロフィール

細川馨(ほそかわ かおる)

ビジネスコーチ株式会社代表取締役

外資系生命保険入社。支社長、支社開発室長などを経て、2003年にプロコーチとして独立。2005年に当社を設立し、代表取締役に就任。コーチングを勤務先の保険会社に導入し、独自の営業システムを構築、業績を著しく伸ばす。業績を必ず伸ばす「コンサルティングコーチング」を独自のスタイルとし、現在大企業管理職への研修、企業のコーポレートコーチとして活躍。日経ビジネスアソシエ、日経ベンチャー、東商新聞連載。世界ビジネスコーチ協会資格検定委員会委員、CFP認定者、早稲田大学ビジネス情報アカデミー講師。「ビジネスマンの悩み相談室」は電子書籍でも配信中。「自分は頑張っていると主張する部下に悩む上司」「ぬるい部下に悩む上司」「若い人には横から目線で共感する」(各250円)



前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆