連載
» 2011年08月04日 07時00分 公開

バラバラな職場を1つにまとめ、結果を出すための「結束力の強化書」ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術(2/2 ページ)

[ITmedia]
前のページへ 1|2       

結束力は、結果を変える

 なんのために組織があるのか。なんのために結束するのか。なんのためにみんなで助け合うのか。それを、一言で述べてみます。結果を変えるためです。今の時代、小さな組織が大きな組織に対抗するためには、結束力が必要です。結束力が、メンバーをまとめて相乗効果を生み出し、「結果を変える」のです。

 結果を変えるとは、1人ではできないことを、チームで成し遂げること。より高い目標、難しい目標にチームプレーで挑戦し続けることです。「このままでは目標を達成できない」と思ったとき、不安を克服して一歩前に踏み出すとき、つまり、結果をより良いものへと変える原動力として、結束力を育てていく必要があるのです。

 結束力を高めて、結果を変えて行く過程を見て行くと、“第1段階”でメンバーの気持ちがまとまる段階があります。“第2段階”はメンバーで助け合えるようになる段階があります。そして、“第3段階”では、各自が役割を最大限に発揮し工夫していくようになって、はじめて結果を変えていくことができるようになります。

 この実践する過程から生まれたメソッドが「バインディング・アプローチ」です。ここで   言うバィンディングとは、リーダーとメンバー、メンバーとメンバー同士が主体的に組み合うことを意味しています。

 では、メンバーが組み合うためには、何に働きかければいいのでしょうか? 3万時間のコンサルティングを実践する中で、わたしは、働きかける4つの柱を発見しました。

 第1の柱は、“共通の目標”です。この柱は、チーム、組織で達成したい目指す目標です。この目標の本質は、メンバーが真剣になれる「組織のありたい姿」になっているかということなのです。これをしっかりと定めること。また必要ならば変更、修正を加えることも大切です。

 第2の柱は、“やらないこと”です。この柱は、共通目標へ向かう道筋を決めるときに、自分たちがやらないことを先に決めておくことです。やらないことを決めることで、職場のベクトルが合わせやすくなり、ヒト・モノ・カネの資源配分がしやすくなります。結果、組織に速さを創り込んでいけるようになれます。

 第3の柱は、“信頼関係”です。この柱は、結束力の基本です。コミニケーションの取り方ひとつ、リーダーの態度や言葉のひとつでも信頼が高まりますし、反対に信頼が失われてしまうこともあります。とても重要な関係です。信頼関係は、長所を見つけて激励し合える関係です。

 第4の柱は、“助け合えるフォーメーション”です。この柱は、結束力を育てて、広げて行く時の形です。信頼関係ができている職場では、メンバーがお互いに自分の長所を生かして、貢献し、やがて、メンバー同士、またはリーダーとメンバーの間で助け合えるようになります。

 壁を乗り越えるときに、どのような助け合う動きがつくれるか。どのようなフォーメーションを組めるか。そこを考え実践していくことで結束力が高まり、結果を変えていけるのです。多少の困難にぶっかっても、結束力は失われることはありません。むしろ、困難に直面することで、メンバーの新たな能力が引き出され、信頼関係が深まり、結束力が高まることが増えて行くのです。

 結束力は一本調子で高まって強固になるわけではありません。どのような目標に向かっているか、どのようなメンバーが集まっているか、どのようなリーダーか、どんな困難に直面するかによって、結束力が高まることもあれば、逆にささいなことから乱れてしまうこともあります。

 結束力を生み出し、強化していくだけでなく、維持するための具体的な行動につなげる方法も本書には、書き下ろしてあります。今度出版した「結束力の強化書」では、どんなメンバーでも取り組めるように、「バインディング・アプローチ」によって結束力を生み出し、育てて、強くしていくための基本を解説しています。その中には、今すぐできるメソッドだけを厳選してまとめました。結束力UPの「共通の目標」「やらないこと」「信頼関係」「助け合えるフォーメーション」という4本柱を常に意識して、働きかけることで、バラバラな職場を1つにまとめて、結果を変えることができるようになるのです。

著者プロフィール:荻阪哲雄(おぎさか てつお)

株式会社 チェンジ・アーティスト 代表取締役社長。職場結束力コンサルタント。

1963年、浅草生まれ。警視庁勤務時、硬直化した体質に疑問を持ち、組織変革コンサルタントを志す。退庁後、ビジネスをゼロから学ぶためにベンチャー企業へ転職、新規法人営業に従事して、1年後、全国でトップの営業成績を収めて、顧客中心の組織づくりを探求する。その後、一橋大学・山城章名誉教授の経営研究所へ、プロジェクトマネジャーに転身。OD(組織開発)理論を習得、上場企業300社で働きかけの修業を経て、1994年、組織風土改革コンサルティングファーム、スコラ・コンサルトの創業期に参画。2004年、スコラの風土改革No.1コンサルタントとして活躍後、パートナーに就任。クライアント企業のコンサルティングリピート率は、50%を越えることが少ない業界で90%に達する。2007年、組織の結束力を高める独自メソッドを確立して、チェンジ・アーティスト社を設立する。現在は、結束力UPのコンサルタントとして、コンサルティングと講演で全国を飛び回っている。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆