連載
» 2016年10月06日 07時06分 公開

自分を変える習慣ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術(2/2 ページ)

[安藤美冬,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 食べるものや住まい、情報、人とのつながり、言葉遣いまで多岐にわたります。

 例えば、次のようなものが考えられます。

【自分デトックス例】

  • 洋服、靴、ネクタイやアクセサリーなど身につけるもの
  • 手帳や名刺入れ、カバンなど仕事で利用するもの
  • 財布などお金にかかわるもの
  • 普段よく行くお店、食べるもの
  • 住まい、インテリア
  • アプリ、メモや写真などスマホやパソコンに入っているデータ
  • 購読しているメルマガ、ブログ、ツイッターなどのフォロー
  • 普段つきあっている人、彼らとの会話
  • 言葉遣い、思考法、くせ

 「自分デトックス」は定期的に行なうことがポイントです。例えば、「毎月1日」「偶数月の第4土曜日」など具体的なタイミングを決めると習慣化につながります。

 繰り返しますが、取捨選択をする上で基準となるのは、「3年後の自分にふさわしいか」というもの。理想の自分を思い浮かべて、身の回りにあるすべてのことを見直してみましょう。

 今の自分にとって必要かどうかはもちろん、理想とするような暮らしや、3年後の自分像に少しでも「合っていない」と感じれば、それはもう捨てるタイミングなのです。

著者プロフィール:安藤美冬

1980年生まれ、東京育ち。慶應義塾大学在学中にアムステルダム大学に交換留学を経験。株式会社集英社を経て独立。組織に属さないフリーランスとして、ソーシャルメディアでの発信を駆使した、肩書や専門領域にとらわれない独自のワーク&ライフスタイルを実践、注目を浴びる。月間4000万PVを記録する人気ウェブメディア「TABI LABO」エッジランナー(連載)、越後妻有アートトリエンナーレオフィシャルサポーターなどを務めるほか、商品企画、大学講師、コメンテーター、広告&イベント出演など幅広く活動中。これまで世界50ヶ国以上を旅した経験を生かし、海外取材、内閣府「世界青年の船」ファシリテーター、ピースボート水先案内人なども行う。TBS系列「情熱大陸」、NHK Eテレ「ニッポンのジレンマ」などメディア出演多数。著者に『20代のうちにやりたいこと手帳』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)『ビジネスパーソンのためのセブ英語留学』(東洋経済新報社)などがある。会員制オンラインコミュニティ《Wonderland》主宰。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆