ニュース
» 2019年11月19日 07時33分 公開

第一印象は6〜7秒で決まる――エグゼクティブは外見イメージが大切ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート(2/2 ページ)

[山下竜大,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 嘉祥流観相学の勉強するきっかけとなったのは、35年間で17万人の人と会ったことだ。営業で、いろいろな人に会ってきたが、「この人は、いまは平社員だけど後に出世する」と感じる人もいれば、「いまは部長だけど、この人はここまで」と感じることがあった。22年を経て、「この人は、いまは平社員だけど後に出世する」と感じた人の多くの人は実際に出世をしている。

特に話を聞かないのがエグゼクティブ

 米国の心理学者であるアルバート・メラビアンは、「情報は、視覚情報が55%、聴覚情報が38%、話の中身が7%しか記憶に残らない」と話している。例えば、講演会のワークショップで、「右手を顎に置いてください」と言って、ほっぺたに手を置くと、ほとんどの人がほっぺたに手を置く。「顎に手を置いてください」といっているのに、講師がした通り、ほっぺたに手を置くのは話を聞いていないからである。

 前提として、「目を閉じてください」といってから同じことをすると、ほとんどの人がちゃんと顎に手を置く。つまり、多くの人は人の話を聞いているのではなく、見ているのである。中でも、特に話を聞かないのがエグゼクティブだといわれている。一方、部下は、上司の服装、髪形、身だしなみ、靴、食べ方、飲み方など、全てを見ている。

 課長や部長は、上司がならせてくれる。しかし部長より上に行けるかは、部下しだいである。これからの時代は「俺さまリーダー」では難しい。いまの若者は、家庭でも、学校でも、厳しいしつけを受けていない。社会人になって、初めて上司に怒られて、免疫がないので簡単に壊れてしまう。それでも、言うべきことは、言わなければならない。そこで目指すべきは、「おかげさまリーダー」である。

 よく「アメかムチか」という言葉があるが、嫌われている上司はどちらもダメである。一方、好かれている上司は両方を持ち合わせている。ただし最近はハラスメント問題もあり、伝え方がなかなか難しい。それでは、厳しさとは何だろうか。厳しさの定義は、大きく次の5つである。

(1)私心がないこと

(2)見逃さないこと

(3)具体的であること

(4)率直であること

(5)本質を突くこと

 例えば毎週月曜日に、必ず数分間の遅刻をしてくる部下がいたとする。この部下に、どのように注意すればよいだろうか。「何で遅刻したんだ」といきなり叱ると、部下は必死に言い訳を考える。頭ごなしに怒っては、部下には響かない。「○○くん、3分遅刻。今月、2回目。信用なくすよ。30分早く家を出ておいで」と、対策まで含めて注意すれば、部下に響くかもしれない。

 ほんの少しのポイントで、部下を正しい方向に導くことができ、良好な人間関係を築けるようになる。

「はい」と返事をする人のところに仕事は集まる

 年間300回程度、いろいろなところで講演を行っているが、企業の決起大会に呼ばれることもある。そのとき、立ち上がってくださいと言うと、全社員が「はい」と返事をして立ち上がる会社がある。この会社は、上司が部下を呼んだときにも「はい」と返事をする。実は、「はい」と返事をする人のところに仕事は集まる。

 例えば、キャリアは長いが呼んでも返事をしない部下と、キャリアは短いが呼べば「はい」と返事をする部下のどちらに仕事を頼みたいと思うだろうか。多くの上司は返事をする部下に、より重要な仕事を与えるだろう。重要な仕事をこなしていけば、その部下は高いスキルを身につけ、より高い役職につくことができる。こういう会社は、非常に強い会社になる。

 「はい」と返事をしても性格が変わるわけではないが、形から入ることで心は後からついてくる。背中を丸めて下を向いている上司と、胸を張って堂々と歩いている上司、部下はどちらの上司を誇れるだろうか。姿勢が良いとは、姿に勢いがあるということ。

 目からの情報はバカにできない。また、部下を育てるためには我慢も必要。ある朝、3歳の子どもを保育園に預け、会社に行かなければいけない父親が、急いで子どもに服を着せようとする。すると子供が「パパやらないで」という。父親が困惑していると、母親に「1人で着られるようになったので、パパに見てほしいのよ」と言われて状況を理解する。

 会社でも、部下に任せるべき仕事を、自分がやった方が早くて正確なので、自分でやってしまっていないだろうか。こうした上司の行動は、部下を育てることができないし、もしかしたら部下を傷つけているかもしれない。「何回言ったら分かる」と怒る上司もいるが、心理学上では、人は平均532回言わないと分からないという。

 教育(人材の育成)には、“本気”と“根気”と“覚悟”が必要である。これができるかどうかが、次世代の人材を育成するカギであり、自分自身が真のリーダーになれるかどうかの分かれ目でもある。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆