連載
» 2020年04月07日 07時37分 公開

タイムアウト東京のオススメ:デリバリーできるウマいカレー5選

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 国内外のトラディショナルからアバンギャルドまで、多彩なジャンルのカレーが存在する東京。なかにはデリバリーに対応しているショップがあり、それは行列店でも言わずもがな。並ばずに、人気店のできたてカレーが食べられるのであれば、活用しない手はないでしょう。ここでは、押さえておくべき実力派を紹介します。

南インドやスリランカから仕入れたスパイスを駆使

 般若は、芸能界屈指のカレー通、松尾貴史が東北沢に2009年オープンした人気店です。2015年に現在地へ移転し、カレーの街、下北沢を一層盛り上げています。カレーソースは南インドやスリランカから仕入れたスパイスを駆使し、タマネギの甘味にバターやだしなどを加えた独創的な味わいと、小麦粉を使わないサラっとしたテクスチャーが特徴です。名物はイカスミのパン粉を使用した黒いロースカツが印象的な「マハーカツカレー」で、デリバリーなら1850円です。

かむごとにホールスパイスが弾ける

 カリガリカレーよじげん店デリバリー&テイクアウトは、神田カレーグランプリ2019でグランプリに輝いた「秋葉原カリガリ」が全面監修した、スパイス感あふれるカレーをデリバリーとテイクアウトで提供しています。 特徴は、かむごとにホールスパイスが弾ける魅惑的なカレーソースと、ゴロゴロ食感の牛肉です。さらに、盛り付け時に振りかける追いスパイスがアロマティックな風味を演出します。トッピングが豊富なほか、ロカボ志向の人向けに、ライスを豆腐やゆで卵に代替したセットがあるのも魅力です。

和の食材と調理技法を取り入れた

 「スパイスバル317」をはじめ、三軒茶屋を中心に個性派レストランを展開するスパイスバルグループが、満を持してカレー専門店を2019年にオープンした、初恋。スリランカと南インドの料理をベースに、和の食材と調理技法を取り入れた独創性あふれるカレーとビリヤニが二大看板です。一番人気の「スパイスラムキーマ×初恋チキンカレー」はデリバリーで1380円。「本日のクラフトビリヤニ」は1580円。夜は「スパイスバルキメラ」に変貌します。

 その他「デリバリーできるウマいカレー5選」では、老若男女に愛されるカレーやインドのスパイスが効いた味を、家や職場で堪能できるカレー店を紹介しています。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。

関連キーワード

カレー | インド | 人気 | 料理


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆