連載
» 2020年09月23日 07時07分 公開

タイムアウト東京のオススメ:ザ リッツ カールトンがラグジュアリークルーズを開始

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 ラグジュアリーホテルブランド、ザ リッツ カールトンが、高級ホテルに泊まる気分を味わいながら旅ができるクルーズ事業「ザ・リッツ・カールトン ヨットコレクション」を本格始動。2021年4月から就航することが決定しました。

高級ホテルに泊まる気分を味わいながら旅ができる

 第1船目となる「エブリマ」は、全長190メートル、船客定員298の小型クルーザー。全149の客室がプライベートテラスを供えたスイート仕様で、ゲストのリクエストに応えてくれるパーソナルコンシェルジュによるサポート付きです。さらに乗船客とスタッフの割合は、クルーズとしてはトップレベルの1対1で、ホテル同様のサービスを受けることができます。

 デッキには、海につながって溶け込むようなインフィニティプールやスパがあります。波の音を聞きながら日光浴をして過ごしたり、空と海の境界線に沈む夕日を眺めたりと、海に浮かぶクルーザーならではの優雅な時間を堪能できるでしょう。また船内には、三つ星レストラン、アクアのシェフが監修するスペシャリティダイニング、S.E.Aや、寿司バーなどがあるアジアンフュージョンレストランのタラートナム、そしてメインダイニングがあります。

 クルーズ代金は変動制で、70万円ほどから。オールインクルーシブとなり、パーソナルサービス、ルームサービスを含む全ての食事(スペシャリティダイニングでの食事を除く)、客室内を含む船内での飲み物、船上でのアクティビティー、Wi-Fi、チップが含まれているため、滞在中は何も気にすることはありません。夢のようなセレブ気分を、思う存分楽しんでもらいたいです。

 クルーズは、春から夏は地中海とエーゲ海、冬にカリブ海などを中心に巡る7日間から14日間のプランが予定されています。プライベートビーチでのヨガ、サンゴ礁のある海をシュノーケリング、ソムリエと一緒にワイナリーの訪問など、テーマに沿ったアクティビティーも行われます。秋には、ニューイングランドを巡るコースも登場します。

 なお、就航を2回延期したことにより、2021年の地中海コースは残室わずか。クルーズ代金は変動制となり、代金は値上がり傾向になっているため、早めに予約することを勧めます。

 久しぶりの旅行になるであろうこの機会に、コストをかけて一生の思い出となるような旅にしてみてはいかがでしょう。

 その他、『ザ リッツ カールトンがラグジュアリークルーズを開始』では、さらに詳しい情報を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


関連キーワード

贅沢 | ホテル | 旅行 | ブランド戦略 | ミシュラン


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆