連載
» 2020年06月23日 07時04分 公開

タイムアウト東京のオススメ:神楽坂、プチフランス旅行ガイド

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 花街であり、昔から邦楽関係者も住む住むエリアだけに夕暮れ時には三味線の音色が響く神楽坂。そんな風景になじむフレンチビストロやカフェは神楽坂ならではの風景です。フレンチインターナショナルスクールのリセや、フランス語学校などを中心につくられたフランス人コミュニティーがありますが、今はその本場の味を求めて遠方からも訪れる美食家の街になりました。パリの小路を歩くように、神楽坂を散策してみましょう。

8年連続でミシュランガイドブックに掲載

 リヨン出身のシェフ、クリストフ・ポコによる、「ルグドゥノム・ブション・リヨネ」。「ブション」とはリヨンの郷土料理を出す温かみのあるレストランの呼び名ですが、8年連続でミシュランガイドブックに掲載されているように、同店は洗練された味とインテリアが特徴的です。1900年代の階段や代々受け継がれたリヨン陶器のアンティーク皿は見事。フランス人の常連客も多く、店内ではフランス語が飛び交い、リヨンを訪れた気分になるでしょう。なお、週末にはバーガーキットや前菜などテークアウトメニューの販売も行っています。

本格派フレンチとの感動的な出会い

 「ラ トゥーエル」は、神楽坂の閑静な住宅街を抜けたヨーロッパ調の細い路地の奥にたたずむ老舗フレンチ。アンティークな内装と静けさが心を落ち着かせてくれる一軒です。料理を手掛けるのは、「フレンチは素材の複合的な高め合い。風味、触感、香りの緻密な組合せが完成された美味を生む」と語る山本シェフ。彼が腕を振るう皿には、いずれもさまざまな要素がたっぷりと詰め込まれています。また、ソムリエが勧めるワインとのマリアージュも絶妙なので、足を運んだ際はぜひ楽しんでみてほしいです。素材単体では成しえない緻密な皿は、理屈を超えた美味を堪能できるもの。本格派フレンチとの感動的な出会いを、大切な人とぜひ味わってみてはいかがでしょう。

フランス文化を学べる

 フランス政府公式機関の「アンスティテュ・フランセ東京」は、語学だけではなくフランス文化を学べる施設。カフェやブックストアのリヴ・ゴーシュ、図書室のメディアテーク、映画館(2020年6月8日現在は、オンラインで配信)もあり、展覧会、講演会などのイベントも多く企画しています。オンラインのクラスもフランス語以外に、日本語で学ぶフランス映画や料理のクラスも開講しています。映画やファッション撮影のロケ地としてもおなじみですが、2021年にリニューアルも行われ、さらにスタイリッシュな空間になるそうです。

 その他、「神楽坂、プチフランス旅行ガイド」では、ヨーロッパ風のホテルやクレープ料理専門店など、フランスを旅しているかのような気分になるおすすめスポットを紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆