連載
» 2020年05月19日 07時04分 公開

タイムアウト東京のオススメ:パーティーに行ける防護服「Micrashell」とは

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 飛行機の座席が今後どのようなものになるのか、と話題になっていますが、パンデミック後のフェスティバルやクラビングはどう変わっていくのでしょうか。ロサンゼルスを拠点とする会社Production Club(「スクリレックス」や「チェーンスモーカーズ」などのDJのステージデザインを手掛ける)は、近い将来、安全にフェスティバルへ出かけたり、夜遊びできるようにと、ある開発を進めています。

ハイテクスーツ

 「Micrashell」と名付けられたこの防護服は、バーやコンサート会場、クラブといった「3密」の空間でも安全に過ごせるように研究されています。気密性の高いヘルメット(ウイルスの空気を洗浄する機能が付いている)と多機能ベスト、そして手袋で上半身を覆うことでウイルスを完全にシャットアウトします。

 このスーツの魅力はウイルスに対する高い防護力の機能だけではありません。外出するために着るのだから、ちょっとした楽しみも必要です。

 スーツにはドリンクを装備することができたり、蒸気供給システムやスピーカー、スマートフォンとの統合、カメラや音声起動といったユニークな機能も備えられるそうです。その他にも、光を使って気分やニーズなどを相手に示すことができる機能も付く予定です。

 機能の一部には、レインボーライティングや、赤いライト、ゆっくりと断続的に点滅する緑のライトなどが考えられていますが、それぞれが何を意味するのかは考案中とのことです。スーツを自分らしくカスタマイズしたい人のために、ファッションアクセサリーやパッチ、マグネットなどオプションも。

 パンデミック対策のためでなくても、このハイテクスーツを着て、一度はパーティーやレイヴに行ってみたいですね。

 その他、「パンデミック中でもパーティーに行ける防護服“Micrashell”とは」では、さらに詳しい情報を紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆