連載
» 2020年09月15日 07時09分 公開

タイムアウト東京のオススメ:駅員が開発に参加、東京エールワークスが有楽町にオープン

東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。

[タイムアウト東京,ITmedia]

 かつて北西からの江戸の入り口とされた板橋の東京エールワークス(TOKYO ALEWORKS)を訪れる人は、よほどのビール好き、もしくはウイスキー好きに違いありません。近隣住まい、もしくは勤めているという条件を除けばですが。2018年に開業した東京エールワークス醸造所は、板橋産のクラフトを含めおよそ20種類のビールと、それに合わせた料理が楽しめる店としてにぎわいます。

周辺に勤務するビジネスパーソンのための憩いの場を提供

 それはそれで非常に魅力的ながら、「お江戸の入り口」、つまり江戸の外れに位置するため、都心から向かうにはなかなか骨が折れてしまいます。そう嘆いていたところ、JR有楽町駅から徒歩1分ほどの高架下に、東京エールワークス ステーション タップルーム エキュートエディション有楽町として2020年8月31日に新店舗がオープンしました。

 そもそもエキュートエディション有楽町は、駅改良計画に伴い誕生した新名所。「Five Interactive Salon(五感をくすぐる五つの嗜好を集めたサロン)」とうたい、周辺に勤務するビジネスパーソンのための憩いの場を提供します。

 ビックカメラ有楽町店から道路を挟んで位置する同店は、右側のダイニングスペースと左側のスタンディングバースペースに分かれており、少なくとも二通りの楽しみ方を備えています。

 「エールワークス」の名の通り、左側のスタンディングスペースでは、この有楽町店のために開発された『TASTY IPA』を皮切りに16種類のドリンクを用意。壁際に設置された16のビールタップから注がれます。

 タップの「1番」に配された『TASTY IPA』は、もちろん一番のおすすめです。「Tokyo Aleworks Station Taproom Yurakucho」の頭文字から命名されただけでなく、なんと有楽町駅の駅員まで、その開発に尽力した逸品です。

 本店舗のみで提供されるオリジナルは、舌の先から奥までを駆使し味わうに不足はありません。芳醇(ほうじゅん)でフルーティーとまで形容できる香りが飛び込んでくるため、さぞかし軽い喉越しかと思いきや、底からぐぐっと大人の苦味がこみ上げ、ビールの醍醐味(だいごみ)を余すところなく与えてよこす実力派です。目移りは必至ですが、まずはスタンダードに据えるつもりで、最初の一杯としてほしいです。

 ビジネスパーソンにとって帰路のみの楽しみか……と思いきや、なんと朝8時からオープン。ビールをオーダーすることももちろん可能ですが、本格的バリスタが届けるコーヒーたちもスタンバイしています。チェーンのコーヒー店で仕方なく手にしていた、それと異なり、しっかり肝の座った朝のコーヒーが一日の活力を提供してくれることでしょう。

 よってタップから繰り出されるドリンクの中には、コーヒーの香りをたっぷりと感じるエールも用意。また15および16番はタリスカーとグレンモーレンジィのハイボールもあります。つまりのタップからは、IPAからコーヒーの香り、そしてウイスキーのハイボールまでフルコースを体験することもできる寸法です。

 スタンディングとは別にオープンキッチンを備えたダイニングスペースが設けられているのにも理由があります。営業時間を絞り込む昨今の飲食店とは異なり、ブレックファーストからランチ、そしてディナーに至るまで、それはそれは気合いの入ったメニューが用意され、一日の食事に豊かなバリエーションを生み出しています。

 筆者がテイスティングしたのはランチのハンバーガー。バンズにはビール醸造の際に出た廃麦を活用されています。バーガーにもビールの香りを思わせる仕上がりです。スタンダードサイズでも十分にボリューミーさゆえ「これじゃ、午後は睡魔に耐えられない」などと想像していたところ、メニューに『1ポンドパティチーズバーガー』を見つけました。このメガサイズで3,000円とは、食いしん坊には耐えられない誘惑ですね。

 ディナーメニューにはピザも用意されます。重い品々ばかりではなく、ビーガンバージョンまで、現代の潮流をにらんだ品ぞろえもあり、なかなか小癪(こしゃく)です。今しばらくは東京都の自粛要請のため、夜の営業時間は控え気味ですが、このエールワークスがビール好きで日夜大にぎわいする図柄を、頭の中に描くのはいとも簡単でしょう。

 チェーンでははない、気軽に堪能できるエールハウスが、東京のど真ん中についに産声を上げました。ビール好きにはたまらないニュースです。

 その他、「駅員が開発に参加、東京エールワークスが有楽町にオープン」では、さらに詳しいを紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

著者プロフィール:タイムアウト東京 編集部

タイムアウト東京は、ロンドンを中心に、ニューヨーク、上海、クアラルンプール、テルアビブ、アムステルダム、シドニーなど、世界108都市39カ国に広がるメディア、タイムアウトの東京版です。「本当に素晴らしいものは、世界のどこであれ誰であれ感動を与えてくれる」という考えの下、日本の優れたヒト、モノ、コト、コンテンツ、サービスを英語・日本語のバイリンガルで発信しています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆