ニュース
» 2010年06月29日 12時40分 公開

戦略コンサルタントの視点:日航、IBMの提携解消に思う (3/3)

[大野隆司(ローランド・ベルガー),ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

情報システム部門 ケイパビリティの具体的な担保方法を

 また、親会社のシステム部門のミッションを、ここでもう一度よく考えることが避けられないでしょう。JITそして日本IBMと健全な緊張関係の創出・維持ができなかった点については多く反省すべきところもあるでしょう。

 日航と同様の形態のアウトソーシングを採用した企業の多くは、日航と同様「本社は企画に専念」というミッションを採用していました。ただ、その「企画力」をどのように担保しているのかという点があいまいな企業が多いのも実態ですし、「本社採用の社員であること」にのみ担保を求めているとしか思えない企業も多いものです。

 もちろん、本社採用であることは、期待できるポテンシャルを有していることを示すかもしれません。しかし、ポテンシャルとケイパビリティはまた別であるのも事実です。鍛錬や教育が必要となるのです。この点については、別途考えてみたいと思います。

最後に 協同利用型のシステムへの議論を

 「日本に航空会社が何社必要なのか」「国際線は一社が妥当か」といった議論にはここでは立ち入りません。

 ただ、各社個別に(航空会社用の)基幹システムを保有している状況については検討が要るかもしれません。

 ITを駆使したオペレーションによって、競争優位を創出することは不可能ではありませんし、まだまだその機会は多く残されていると考えられます。

 一方で「競争劣位の阻止」といった観点を忘れてはなりません。つまりオペレーションをつつがなく回すためにIT・システムが不可欠であるものの、IT・システム処理そのものは他社との差別化の要素にならないという点です。このようなシステムでは、投資額とITコストの管理が最重要の経営課題となります。

 「競争優位の創出」と「競争劣位の阻止」のメリハリをつけ、日本の航空業界としてのシステム協同利用化についての議論は必要性が高いと言えます。

経営者向け情報を集めた「ITmedia エグゼクティブ」の記事一覧をチェック

著者プロフィール:大野 隆司(おおの りゅうじ) 株式会社ローランド・ベルガー パートナー

大野 隆司

早稲田大学政治経済学部卒業後、米国系戦略コンサルティングファーム、米国系総合コンサルティング・ファーム、米国系ITコンサルティング・ファームを経て現職。電機、建設機械、化学、総合商社、銀行など幅広い業界の大手企業において、事業戦略、オペレーション戦略、IT戦略の策定などを手掛ける。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia エグゼクティブのご案内

「ITmedia エグゼクティブは、上場企業および上場相当企業の課長職以上を対象とした無料の会員制サービスを中心に、経営者やリーダー層向けにさまざまな情報を発信しています。
入会いただくとメールマガジンの購読、経営に役立つ旬なテーマで開催しているセミナー、勉強会にも参加いただけます。
ぜひこの機会にお申し込みください。
入会希望の方は必要事項を記入の上申請ください。審査の上登録させていただきます。
【入会条件】上場企業および上場相当企業の課長職以上

アドバイザリーボード

早稲田大学商学学術院教授

根来龍之

早稲田大学大学院国際情報通信研究科教授

小尾敏夫

株式会社CEAFOM 代表取締役社長

郡山史郎

株式会社プロシード 代表取締役

西野弘

明治学院大学 経済学部准教授

森田正隆